ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


不幸せな三日月は

その場限りの芸術に晒し

欠けた部分が痛くて泣いた

近づくものもみんな傷つけ

夜分を赤く照らしてる

 

狼少女が駆けている

時折吼えるのは恋人が

多くを持たなくものだから

その永遠の満ち欠けに

私がいると訴える

 

僕は声を聞き遂げて

さらに言葉を重ねてく

もう口などは意味を持たない

その裸の静かさに

耳を澄ませて打鍵をしてる

 

満月になれば晴々と

己の名声に興味が湧いてくる

街並みをジッと見下ろして

詩人の懸命さを見つければ

麻薬のような愛をおぼえる

 

この誰も幸せにならない世界で

僕は満月だけを嫌いになった

 

 

「真夜中の片想い」