ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


挨の大権で 逃毀を捺して 告の葉層で 矢視を画した 礼器の聘で 粃糠を理して 小祠の蜜で 銘仙を節した 戴の愛見で 嘔気を賭して 浴の香草で 嫁資を約した 兵棋の癘で 里堠を秘して 妙詩の湿で 青氈を滅した 「ウィンク」

御産の外で 細疵を握して 各層の鎗で 幼時を超した 町義の道で 綿亘を呈して 冷気の弊で 避寒を療した 素餐の音で 哀詩を策して 役送の狩で 向自を止した 妙技の父で 転校を銘して 兵器の礼で 離間を評した 「ステェム」

菱花の叱で 清操を列して 献詞の盟で 未完を鑽れた 豚舎の澱で 穢行に垂れて 薬器の迫で 奉讃に寄した 小火の慄で 礼奏を節して 綿糸の刑で 機感を診れた 恩謝の鳥で 大較に荒れて 発気の躍で 養蚕に干した 「シートゥ」

射る被写で 返送を役して 詆毀の戻で 離見を潮した 漏る紅霞で 甘汞を抹して 柵址の厄で 用箋を蘇した 干る医者で 演奏を僻して 励起の呈で 智剣を諒した 凝る猛火で 満腔を渇して 鑰匙の策で 匝線を止した 「ヴェィル」

量子の脈で 面奏を列した 鉛華の泄で 雌剣に要れど 工科の問で 淡紅に渇せば 薄志の躍で 用箋を掘った 妙詩の略で 連装を滅した 閃火の悦で 緯圏に識れど 刀下の恋で 寒光に達せば 薬師の迫で 法線を縒った 「テンポゥ」

堀の枉車で 安康に嵌れば 椰子の朔で 藻菌を止した 雉の二審で 年紀に煙れど 連装の旌で 繍花を理した 澱の放赦で 犯行に余れば 左史の訳で 洋斤を蘇した 虹の機心で 権奇に睡れど 餞送の隷で 龍火を資した 「タァスク」

悪の満稿で 孟夏を織れて 盗る葉酸で 椰子を貯めた 識る尼僧で 念者を競れて 塀の荊冠で 危機を挽いた 膜の安康で 横禍を漏れて 因る灯盞で 多士を辞めた 煮る詩宗で 繊砂を練れて 軽の閉管で 丕基を訊いた 「シンカル」

諸事情により。

暫く作詩が出来ません。 再開は更新を以てお知らせ致します。 申し訳無いです。

譚歌の哀で 鶯簧を吐して 縒る芳志で 播遷に約した 似る智剣で 転機に佞して 検層の例で 隆車を規した 案下の逮で 凍港を捺して 掘る要旨で 野選に博した 散る二見で 年期に挺して 連装の計で 鳩舎を理した 「ガーナル」

率る心喪で 斉射を得れて 頸腺の戻で 離思を規した 慢気の逮で 当権を模して 掘る蛹化で 治工を墾れた 痴る隠操で 映写を競れて 醴泉の掲で 起始を理した 短期の埋で 妄見を賭して 依る放火で 波高を殺れた 「ヤーンヌ」

摩訶の戴で 登校を萌えて 凝る妖鬼で 夜間を画した 得る返盞で 罷市を生けて 歯槽の慄で 連写を節した 多寡の埋で 猛攻を問えて 拠る香気で 禍患を扼した 減る煙散で 遺矢を引けて 離層の叱で 洗車を列した 「シェィプ」

大権の哀で 嘔気に投じて 余香の告で 隔靴を扼した 接栓の令で 龍趾を資して 御荘の百で 弊社に免じた 愛見の戴で 冬季に応じて 虎口の浴で 薬禍を角した 列仙の精で 収支を理して 非想の脈で 名車に変じた 「ラーンヌ」

卓子の扼で 洋船に党して 檻の放火で 背向に有れた 慄の刺草で 精思を礼して 契券の酩で 妙果を着れた 鑰匙の謫で 刀銭に擁して 堀の押下で 愛校に晴れた 叱の離層で 霊祀を征して 名剣の痙で 凶禍を観れた 「デェアル」

鳥の往古で 合拳を帯して 扼の発気で 保甲を要じた 吉草の水で 名刺を決して 連戦の姓で 臭素を領じた 澱の道虚で 大権を愛して 剥の薬器で 余香を奉じた 蜜槽の傷で 経史を滅して 専擅の隷で 流蘇を証じた 「ファシィ」

生く筆紙で 平産を得れて 逓の礼辞で 梨棗を蟄した 厄の鎖交で 僧儀を読めて 凝る毛幹で 末期を貸した 引く一死で 叡算を経れて 麗の定時で 痴想を律した 策の夜講で 要義を染めて 漏る口陥で 赫輝を増した 「ベェトゥ」

槍の波高で 方技を拠って 徳の王権で 晏起を謫した 淋糸の質で 西遷を列して 形而の酩で 御荘を鑽れた 針の治工で 要義を彫って 億の闘拳で 耽奇を握した 神使の律で 冷戦を節して 名辞の敬で 気層を診れた 「ガァルプ」

已む悪詩で 桜唇を拠れて 友の盲亀で 満稿を達した 頻く品藻で 幣紙を競れて 隷の携琴で 奇器を律した 編む鑰匙で 葉針を折れて 桃の当帰で 淡交を抹した 惹く神葬で 精翅を減れて 軽の霊禽で 理気を喫した 「ベカンヌ」

斎む脾疳で 兵機を得れて 精巣の隷で 臨死を失した 嗄る野蚕で 容止を剋して 猛攻の匿で 耽奇を待った 秘む位官で 英気を経れて 霊草の姓で 神視を律した 殺る家産で 公私を浴して 投降の黙で 満忌を絶った 「ヒアロゥ」

悪子の徘で 放光を推して 降車の欲で 冶金を角した 指針の蜜で 銘菓を制して 裂創の呈で 知己を療した 白紙の隘で 横行を歩して 溶射の哭で 呵禁を訳した 未進の湿で 西夏を瞑して 鉄窓の戻で 利器を弔した 「ブロォゥ」

凝る猛気で 満腔を寒じて 籥の他紙で 湯盞を止した 痴る伊誌で 詠草を選じて 戻の兵器で 賓館を理した 漏る後期で 甘汞を慢じて 卓の矢視で 葉酸を吐した 射る私資で 晴窓を怨じて 併の癘鬼で 林冠を秘した 「グロォゥ」

診る執行で 生家を面して 軽の霊睠で 利器を喫した 胚の悪子で 鶯遷を補して 因る投射で 多層を約した 識る密航で 名歌を宣して 隷の啓建で 記旗を律した 愛の薄志で 烹鮮を捺して 盗る用捨で 野葬を託した 「デアリン」

逓加の戻で 理研を諜して 妙技の湿で 正孔を面した 仮相の厄で 幼時を剋して 応戦の堀で 廃車を愛した 零下の呈で 地券を諒して 勝義の蜜で 名工を選した 野草の格で 向自を浴して 奉遷の檻で 間遮を配した 「ベェドゥ」

好季の沐で 昧爽を渇して 薬価の針で 迸散を要じた 霜の淫姦で 映写を撰じて 麗の鉄鉱で 鎮子を律した 猛気の哭で 戒相を抹して 薄荷の槍で 養蚕を報じた 芋の箴諫で 斉射を演じて 廷の裂溝で 臨淄を蟄した 「メリトゥ」

啼の撚糸で 乳酸を契って 理気の尺で 清康を礼した 安危の拝で 宝鑑を起って 酷の余資で 躍層を角した 佞の転徙で 中産を握って 史記の略で 霊交を征した 半期の挨で 王冠を誇って 欲の故紙で 核相を扼した 「ハァチュ」

研ぐ盲亀で 満腔を焚けて 薬価の剥で 宝冠を寄した 射る私産で 専寺を笑めて 検層の戻で 量子を喫した 捥ぐ統紀で 淡黄を負けて 薄荷の扼で 羊羹を干した 痴る違算で 臙脂を責めて 斂葬の傾で 嬌姿を律した 「ワァチュ」

彼蒼の虹で 年歯を聘して 麗の専占で 臭素を律した 檻の登降で 耽奇を愛して 家眷の厄で 杳子を刻した 二相の肘で 片思を佞して 征の連戦で 流蘇を失した 酉の往航で 暗鬼を帯して 野犬の覚で 公庫を浴した 「トゥラス」

得る帝権で 沈下を入れて 肥瘦の略で 冷視を聘した 込む孟夏で 満稿を買って 椰子の炸で 宋銭を擁した 照る英検で 引火を散れて 裏装の百で 閉止を例した 揉む功科で 勧工を舞って 渣滓の扼で 陽線を奏した 「ネィチャ」

診た淫気で 詠草を巡って 呈の礼義で 料銭を蟄した 腫る債券で 聡耳を細って 告の傭耕で 野史を隠した 鋳た眠期で 明窓を抉って 励の庭儀で 腸線を律した 曝る拝絹で 法事を唆って 浴の光降で 瑕疵を約した 「カストゥ」

乗る放曠で 半紙を生して 仮の野犬で 幼者を越した 照る円相で 一騎を蟄して 略の秋扇で 泉華を列した 彫る農功で 南史を派して 槍の花瞼で 向斜を寄した 得る顛草で 窒気を逸して 尺の隆線で 簾下を節した 「ティアル」

占相の隷で 李詩を失して 似る中讃で 天赦を佞した 暗香の嚇で 好期を捺して 彫る陽関で 薬科を博した 斂葬の姓で 私資を律して 散る乳酸で 念写を挺した 款項の握で 応機を痼して 依る鳳管で 白禍を約した 「アサィン」