ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


契る乳痂で 年官に挺して 冷視の弊で 非想を療した 恐る村巷で 猜忌を愛して 家産の厄で 溶射に抗した 握る仲夏で 癲癇に佞して 閉止の令で 離騒を評した 唆る音溝で 哀毀を裁して 野蚕の核で 厚謝に夭した 「モーラル」

遺志の肝で 検針を閲して 敵旗の列で 隆興を着した 厄の砂金で 想起を止して 堀の音相で 圧子を排した 基址の芋で 延伸を決して 礫器の鉄で 中耕を略した 作の野禽で 揚棄を蘇して 澱の本葬で 八史を愛した 「タィディ」

御校の堀で 白禍を愛して 花冠の闇で 揚棄を奏した 民社の釈で 星霜を滅して 敵視の列で 硫酸を諜した 本坑の澱で 悪果を配して 薬缶の髪で 降機を要した 新車の脈で 迷想を摂して 轢死の鉄で 昼餐を療した 「フロォー」

諸事情により。

今日の作詩は休ませて頂きます。 明日からはまた普段通り書かせて頂きますのでご了承下さい。 ドウゾ宜しくお願い致します。

法剣の丘で 安危を配して 宿る多孔で 投壺を浴した 令の聖遷で 臣子を領して 着た御荘で 名所を決した 王権の他で 半期を愛して 辿る治工で 養虎を督した 正の冷戦で 淋糸を証して 観た帰装で 経書を滅した 「カールル」

利子の叱で 斉奏を列して 照る年期で 二見を契った 晴る哀詩で 鶯遷を誇って 妖気の哭で 下後を扼した 紫史の慄で 礼装を接して 練る転機で 智剣を握った 荒る俳誌で 烹鮮を起って 衡器の欲で 治工を隠した 「バンピィ」

醴泉の哲で 陳謝を略して 刺創の脈で 名士を宣した 恋の様器で 治工を画して 蟻の汎化で 法剣を押した 汀線の烈で 臨写を着して 御荘の尺で 聖姿を面した 宵の香気で 火光を約して 針の暗花で 王権を干した 「コートゥ」

照る燃犀で 乳酸を契って 量子の尺で 精巣を隷した 夜会の拍で 鳳管を止して 懲る応器で 暗刻を語った 練る天災で 昼三を握って 小疵の略で 霊草を制した 破戒の厄で 洋館を補して 愚る香気で 勧降を当った 「ラァィプ」

新興の蜜で 鳴謝を摂して 列線を訂し 珍貨を略した 濃き蛹化で 野犬を画して 間遮を拝し 疱瘡を推した 明刻の湿で 斉射を滅して 撤饌を隷し 燐火を着した 善き構架で 花瞼を扼して 廃車を愛し 往相を干した 「レィトゥ」

客の味煎で 明示を結して 連想の鉄で 忠士を略した 鮫の愛好で 恩義を蘇して 用件の鉾で 八旗を約した 脈の饋線で 計時を滅して 転送の列で 柳糸を着した 雨の再構で 存疑を捺して 法剣の横で 薬気を泊した 「ゲェトゥ」

荒る擺線で 報賽を推して 高層を要し 矢視を画した 蜜の振気で 精鋼を面して 彽徊を隷し 利権を着した 晴る間銭で 横災を歩して 様相を貢し 歌誌を訳した 湿の眠期で 名香を宣して 例解を訂し 智剣を略した 「カァトゥ」

椰子の策で 壮蚕を縒れて 誇る嘔気で 暗刻を配した 廉士の罫で 客層を律して 契る尿器で 年官を照った 渣滓の厄で 葉酸を剃れて 起る芳紀で 犯行を愛した 繭糸の霊で 略装を喫して 握る弔旗で 癲癇を練った 「ワイドゥ」

荒る再掲で 相姦を捺して 彫る揚棄で 治工を泊した 脈の均整で 圭算を面して 鉄の冷視で 琉装を着した 去る愛敬で 横貫を蘇して 縒る蜂起で 波高を扼した 客の民生で 名産を験して 列の底止で 中層を略した 「カールヴ」

哭の予想で 厄災を画して 邁進で破し 蓬矢を漏った 泄の鋭気で 衣衾に痴れて 了解で徴し 鉄鉱に列した 欲の枯燥で 隔歳を約して 拝診で摩し 毛詩を掘った 悦の西紀で 賜金に煎れて 懲戒で領し 烈公に徹した 「フィール」

波高の槍で 容疑を歩して 王権で講じ 勘気を愛した 霜の胃歯で 曳船を煎じて 例示で呈し 賃走を領した 治工の針で 方技を寄して 後件で応じ 暗鬼を会した 芋の四肢で 政戦を怨じて 鼎峙で隷し 林葬を徴した 「ケィヂュ」

干た維綱で 英気を経れば 戻換の摂で 娼家を律した 貨車の役で 養蚕を凝って 漏る芳紙で 配送を抹した 射た粃糠で 兵機を得れば 清鑑の烈で 燎火を失した 夜叉の格で 講讃を縒って 掘る毛詩で 埋葬を発した 「ミーンヌ」

粗の犯行で 芳紀を恐れて 哭の洋琴で 野径を画した 皺の尼僧で 撚糸を糶って 列の貞心で 致誠を略した 肚の暗刻で 嘔気を細れて 欲の公金で 家鶏を訳した 庭の死相で 瞻視を煉って 鉄の令辰で 理世を着した 「ブリィム」

役の波高で 放過を要じて 樋の王権で 哀毀を帯した 令の渓相で 狭斜を療じて 尺の味煎で 名刺を省した 箔の治工で 熔化を報じて 笈の闘拳で 堆起を愛した 計の霊草で 寮舎を興じて 脈の紙箋で 勢至を瞑した 「グロォス」

悪相の闇で 幼歯を捺して 当籤の空で 三斜を体した 令の結講で 汽機を諒して 百の未見で 名歌を偏した 役送の網で 奥旨を止して 操船の虎で 炭車を賽した 計の裂孔で 理気を饗して 脈の丕顕で 兵禍を面した 「スラピィ」

唆る応戦で 暗車を散じて 薬草の格で 更始を寄した 握る稚気で 天行を念じて 併科の令で 利権を評した 恐る奏薦で 三斜を按じて 角層の厄で 夭死を越した 契る二期で 年功を転じて 霊化の弊で 秘鍵を諒した 「セェンス」

箚記の役で 溶菌を奏して 笈の棹歌で 淡交を愛した 百の御荘で 鳴謝を偏して 励振の罫で 近思を律した 薬気の策で 鎗金を擁して 樋の横禍で 暗刻を帯した 脈の非想で 蔽遮を面して 敬神の霊で 臨死を喫した 「アプラィ」

遣る白禍で 宝鑑を要じて 剃る嘔気で 暗刻を策した 血相の令で 寮試を興じて 昼三の肉で 念写を挺した 貼る薬科で 羊羹を報じて 愚る喪期で 三更を握した 裂創の慶で 強仕を療じて 乳酸の畜で 天赦を佞した 「ビートゥ」

味煎の湿で 窃視を免じて 纈草の霊で 竜舎を喫した 鳥の黄化で 阿衡を対して 厄の八旗で 法権を要じた 賜饌の蜜で 滅私を撰じて 裂創の罫で 柩車を律した 澱の闘歌で 多孔を愛して 箔の薬気で 用件を報じた 「サァピィ」

失の氷期で 兵権を宣して 礼義を閲し 以降を律した 幕の矢視で 用箋を目して 冬至を刻し 階層を達した 櫃の正気で 生検を偏して 影戯を列し 理工を逸した 役の麻紙で 毛氈を浴して 向自を督し 大宗を渇した 「ファトゥ」

契る二見で 南柯に堪って 赤る犯行で 避忌を医した 六の更始で 珪藻を隷して 製の鳴謝で 毛氈に反れた 握る智剣で 丹花に訛って 諮る安康で 意企を秘した 剋の老死で 霊草を啓して 盟の斉射で 宋銭に漏れた 「トゥラィ」

官銭の豆で 毛詩を濾して 横の方向で 八旗を約した 芋の神使で 精巣を閲して 帝紀の列で 利剣を着した 万線の亀で 港市を模して 鉾の陽光で 薬気を泊した 霜の隠士で 泳層を摂して 霊鬼の鉄で 地検を略した 「ヒィープ」

標紙の湿で 生禽を聘して 巡る英貨で 逸走を実った 改進の酪で 牢記を抗して 寄る登降で 他社を病めた 小瑕の櫃で 屏禁を征して 抉る銘菓で 密送を祈った 来診の槨で 降機を聾して 取る傭耕で 夜叉を貯めた 「ドゥロー」

格の野蚕で 幼歯を濾して 押送で投じ 端整を愛した 脈の品行で 併起を免じて 制汗で隷し 離型を証した 厄の家産で 公私を止して 逃走で応じ 安静を対した 百の明刻で 銘記を変じて 戻換で制し 四計を領した 「ビタァル」

散銭の膜で 毛詩に則して 葉層で補し 薄地を訳した 決起の閲で 遺賢を喫して 理義で貼し 転校に列した 万線の作で 双糸に黙して 芳草で寄し 薬事を博した 悦喜の欠で 気圏を逸して 痴戯で諒し 連亘に徹した 「カァリィ」

宿る多型で 投稿を浴して 後喜で臆し 案件に罹った 減る年歯で 二銭に干れど 両生で失し 戦争を列した 辿る夜警で 洋行を督して 嘔気で哭し 管見に赤った 練る片志で 飛泉に似れど 小成で律し 連想を摂した 「ロゥラル」