ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


計の霊光で 理義を狂して 民権の湿で 精気に面した 徳の音子で 悪戦を嘆じて 薬事の針で 舗装に要じた 礼の挂甲で 奇技を領して 新検の蜜で 名器に僭した 億の豚脂で 託宣を案じて 薄地の槍で 予想に報じた 「フラァク」

悪の廻船で 婚資に応じて 富む葉層で 夜叉を辿った 略の秘鍵で 兵器に例して 競る年縞で 乳痂を白んだ 膈の間銭で 音詩に困じて 読む凍瘡で 他社を宿った 百の利権で 霊気に聘して 練る先考で 衆寡を睨んだ 「クアーム」

列の庭儀で 地検を領して 百の妙機で 名香を偏した 王地の琴で 艦船を愛して 渣滓の扼で 洋装を蘇した 鉄の礼義で 利剣を徴して 脈の氷期で 弊校を面した 光時の音で 暗線を会して 椰子の炸で 葬送を止した 「マテュア」

百の私見で 世紀を偏して 計の霊交で 竪義を喫した 躍の悪銭で 奥旨を寄して 森の闘争で 嘆辞を抹した 釈の丕顕で 兵機を宣して 礼の慶幸で 球技を律した 握の薬箋で 容止を押して 鳥の妄想で 卍字を達した 「シィーム」

知県の道で 名機に典して 列の斉奏で 舟師に律した 海戦の悪で 王氏を濾して 横の砲熕で 八旗を約した 眉間の乳で 帝紀に面して 説の礼装で 柳糸に失した 相先の郭で 皓歯を捺して 鉾の要項で 薬気を博した 「アースク」

熱の点景で 恥垢を任じて 小疵の略で 冷戦を制した 花瞼の厄で 陽気を剋して 澱の本宗で 剥製を按じた 鉄の年契で 尼公を陳じて 漁師の釈で 聖遷を隷した 野犬の格で 高貴を浴して 堀の音相で 悪政を判じた 「クロォィ」

沃の闘争で 卓子に約して 牌の相先で 往事を補した 盟の盛儀で 証券を魅して 乞の猟奇で 裂肛に決した 篤の洋装で 薬師に託して 藍の廃線で 宝治を捺した 姓の名技で 冥顕を資して 慄の狂気で 結講に列した 「フリィク」

連想の説で 四計を律して 契る乳腺で 年紀に照れた 怖る鳳声で 藩校に荒れて 菓子の厄で 葉圏を刻した 戦争の列で 離型を失して 握る中線で 天機に寝れた 細る王制で 暗香に晴れて 矢視の郭で 後賢を浴した 「ソールン」

略の私撰で 誓紙を列して 弊校の茗で 妙機を秘した 愛犬の鷹で 冬季を捺して 恋の葉層で 野師を画した 尺の離線で 麗姿を節して 迷光の塀で 氷期を魅した 大圏の淦で 嘔気を賭して 宵の咬創で 花糸を約した 「ティーム」

肉の鬼気で 血栓を練れて 定型の列で 理想を徴した 遏の藩校で 方正を織って 双肩の沐で 昧死を挿した 菊の二期で 熱泉を蹴れて 令閨の鉄で 地相を領した 醗の暗香で 旺盛を掘って 猛犬の惻で 再思を摩した 「ロォーン」

徳の王権で 哀思を対して 夜光の仮で 香餌を浴した 失の味煎で 名器を節して 礼装の幣で 氷技を諒した 奥の闘拳で 太始を愛して 花香の槍で 幼児を剋した 蜜の賜饌で 精気を滅して 並走の霊で 両義を評した 「エンタル」

階の愛好で 音価を鼓して 横の訴権で 箚記を殺れた 律の鎮子で 撤饌を隷して 弊社の螟で 御荘を簸れた 藍の邂逅で 今夏を推して 底の与件で 薬気を曝れた 窒の臨淄で 列線を呈して 名車の兵で 非想を診れた 「ファズィ」

闕の煙景で 以降に鑽れど 略の習気で 青襟を令した 籥の宅診で 都市を止して 堀の衲僧で 内製に貼れた 閲の券契で 奇行に淹れど 釈の流期で 霊菌を征した 卓の躍進で 余矢を吐して 糊の芳草で 排擠に慣れた 「マトゥル」

乳の妙想で 明視を呈して 連戦の制で 肖似を律した 淦の犯行で 邦畿を押して 後賢の欲で 山羊を隠した 道の鳥葬で 底止を瞑して 専占の礼で 療治を失した 墓の安康で 応器を歩して 葉圏の哭で 歌妓を訳した 「レェィプ」

減る延伸で 遺址を秘して 琉装の蓄で 点字を令した 漏る咬筋で 乾季を抹して 鎖肛の扼で 要義を蘇した 得る変針で 斐紙を慰して 中層の戮で 櫺子を挺した 凝る猛禽で 慢気を渇して 治工の削で 葬儀を止した 「タァチュ」

今日から暫く諸事情により。

十日程、作詩を休ませて貰います。 復帰は更新を以ってお知らせ致します。 ドウゾ宜しくお願いします。 申し訳ありません。

籥の多孔で 登記を止して 掘る鶯遷で 哀詩を拝した 知る密送で 名詞を摂して 列の契券で 凶器を領した 卓の治工で 揚棄を賭して 織る烹鮮で 廃址を愛した 観る失踪で 生祠を滅して 闕の霊剣で 僚機を供した 「ロィタル」

厄の博戯で 方向を要じて 採る応器で 哀歓を対した 着た乳酸で 念紙を詣して 列の清掃で 肖似を領じた 箔の訳義で 要港を報じて 折る党規で 大旱を愛した 煮た急霰で 献詞を佞して 説の礼装で 療治を証じた 「サールヴ」

唆る法剣で 反旗を賽して 役の仮相で 酷使を要じた 纓の歴戦で 利子を逸して 契る乳香で 年季を転じた 細る創見で 三器を佩して 格の夜窓で 抑止を困じた 霊の易占で 遺址を律して 握る昼光で 天機を念じた 「バーガル」

二銭の菊で 堅紙を練って 廷争の列で 領事を着した 横の法剣で 八旗を扼して 皿の阿衡で 恩義を反った 基線の肉で 撚糸を蹴って 礼装の鉄で 重耳を略した 鉾の用件で 薬気を泊して 粗の砂鉱で 存疑を折った 「メィニア」

才藻の丸で 盲射を則して 載る盗泉で 単子を生した 兵器の令で 利権を評して 要る旗下で 剣光を閲した 昧爽の猿で 操車を黙して 執る膿栓で 南支を足した 霊鬼の弊で 秘鍵を療して 鑽る医科で 遠郊を結した 「ソーンヌ」

暇の緯書で 駅船を僻して 隷の経史で 基層を領した 鳥の猛虎で 満稿を達して 約の箚記で 双肩を止した 今の秘処で 壁泉を役して 軽の霊祠で 理想を狂した 森の島弧で 探鉱を抹して 作の薬気で 葉圏を蘇した 「フゥィム」

掃く昧死で 妄想に補して 妖姫の告で 家眷を約した 責む鋭気で 以降を資して 戮の忠士で 汀線に列した 負く廃弛で 包装に模して 口器の沃で 野犬を画した 笑む西紀で 私行を医して 蓄の柳糸で 醴泉に徹した 「マルティ」

威光の鶸で 兵機を得ても 西遷の礼で 寮試を失した 安危の鷹で 闘拳を織れて 更始の欲で 夜窓を隠した 比高の岩で 英気を経ても 冷戦の制で 小祀を律した 短期の淦で 王権を取れて 夭死の哭で 仮相を約した 「アラィヴ」

澱の邦畿で 廃興に余って 作の訳詩で 葉酸を蘇した 呈の連関で 僚機を着して 肉の基層で 県史に睡った 堀の応器で 愛校に嵌って 役の策試で 壮蚕を止した 戻の転換で 弔旗を略して 菊の尼僧で 年歯に煙った 「スケィル」

取る押送で 圧子を帯して 野犬の核で 降機を要じた 百司の律で 連戦を聘して 練る先規で 歯垢を任じた 織る逃走で 達士を愛して 花瞼の役で 揚棄を困じた 略史の櫃で 変遷を例して 競る年期で 尼公を信じた 「エクセス」

哀の満稿で 孟夏を捺して 依る法剣で 八旗を扼した 知る智歯で 鉄泉を製して 計の連射で 離騒を狂した 昧の暗刻で 黄化を燃して 掘る用件で 薬気を泊した 散る死屍で 雪線を挺して 令の検車で 帰装を了した 「テニトゥ」

億の当千で 太始を愛して 針の治工で 様器を報じた 証券の蜜で 名機を制して 霊草の計で 近思を療じた 徳の鏖戦で 哀史を帯して 槍の波高で 邦畿を要じた 冥顕の湿で 腥気を瞑して 渓相の礼で 臨死を興じた 「ムゥーヴ」

撻の愛校で 嘔気を賭して 洋琴の恋で 歌妓を約した 刺創の脈で 名士を制して 戻の平心で 百事を療した 軋の退耕で 党規を捺して 公金の宵で 山羊を隠した 御荘の釈で 精子を瞑して 併の令辰で 略字を評した 「タァィプ」

脈の飛銭で 弊社を面して 転校の列で 利器を貼した 穀の羊脂で 躍層を角して 悪化の檫で 創見を捺した 百の味煎で 名車を偏して 連亘の鉄で 地気を療した 欲の後翅で 核相を扼して 擦過の圧で 王権を蘇した 「クラゥン」