ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


剔る綿花で 未見を鋳れば 漆器を喫し 兼行に製した 残る放捨で 廃川に慣れど 卓子で扼し 容相で吐した 巡る燕窩で 違憲を診れば 吉記を叱し 遷幸に刑した 誇る納車で 内宣に晴れど 鑰匙で託し 刀槍で止した 「パァーム」

煙る念持で 内観を貸して 昧死を察し 専行を面した 彫る蕩散で 稚気を品して 位相を利し 螻蟻を臆した 睡る顕示で 回環を済して 再思を抹し 綿亘を餞した 取る奉讃で 悲喜を賃して 理想を医し 黄耆を録した 「ボーダァ」

遣る加工で 公器を擁して 創見を臆し 哀歌を賽した 簸た御荘で 名辞を偏して 霊泉を挺し 銚子を漁した 刈る夜行で 妖気を貢して 王権を則し 災禍を愛した 診た非想で 兵事を面して 汀線を隷し 料紙を潮した 「スタァク」

鉄の礼金で 瘤起を諜して 移相を比し 幣紙を役した 策の邁進で 猛士を蘇して 揺光を貢し 花卉を扼した 列の提琴で 駐機を漁して 肥瘦を慰し 英詩を僻した 幕の砕心で 宗子を燃して 鴻溝を擁し 夜気を画した 「プレェィ」

銘の変更で 氷期を魅して 賞讃を領し 冷視を制した 薬草の髪で 行使を擁して 透関を捺し 哀毀を帯した 弊の綿亘で 妙機を比して 量産を証し 静思を隷した 角層の闇で 夭死を貢して 横貫を吐し 堆起を愛した 「カマンヌ」

塀の名刺で 味煎を比して 療治を蟄し 丁壮を列した 寄る交誼で 野犬を画して 哀毀を作し 操行を捺した 茗の幣紙で 飛仙を魅して 貼示を律し 霊草を徹した 凝る要義で 花瞼を訳して 斎忌を握し 鶯簧を蘇した 「フューズ」

掻く夜気で 用件に貢して 奥義で歩し 犯行を殺めた 握る中線で 天資に寝れて 政争で例し 療治を証した 焼く花卉で 効験に要して 方技で推し 安康を早めた 契る乳腺で 年歯に照れて 礼奏で制し 昭示を領した 「ネェトゥ」

綰く南枝で 乳酸を契って 意企で非し 犯行に案じた 説の名鑑で 猛気に染めて 老荘で高じ 犬歯を令した 泣く短指で 昼三を握って 避忌で慰し 安康に判じた 滅の盛観で 喪期に揉めて 咬創で弄じ 恋矢を慶した 「ベェィス」

垂る安危で 応戦を溶いて 要旨を濾し 仮相を約した 練る穿孔で 祥気を睨んで 秘鍵を理し 連詩を聘した 荒る丹祈で 東遷を置いて 公私を止し 夜窓を隠した 競る念校で 尿器を白んで 利権を非し 片思を令した 「ダァィヴ」

槍の麻紙で 毛氈を浴して 応器を鼓し 邂逅を握した 照る偏見で 標旗を賃して 猟装を叱し 成歯を列した 毬の矢視で 陽線を目して 広軌を推し 愛好を攪した 経る天譴で 朝紀を貧して 荘倉を律し 麗姿を摂した 「フルリィ」

小圏の律で 連記を摂して 綿亘を偏し 表価を魅した 角層の役で 容姿を剋して 応戦を吐し 柝声を愛した 猟犬の失で 扇起を列して 変更を面し 妙果を比した 薬草の格で 皓歯を浴して 東遷を捺し 悪政を帯した 「コールス」

痴る淫気で 営建を接して 霊祀を決し 灸瘡を律した 貼る鑰匙で 洋船を補して 盲亀を賭し 探鉱を摩した 射る神機で 精研を閲して 経伺を列し 琉装を吃した 遣る白詩で 法線を止して 当帰を燃し 満稿を足した 「ワントゥ」

斎む試験で 早期を捺して 鴻溝を弄じ 留止を吃した 掃く内宣で 年歯を聘して 面争を転じ 丹祈を抹した 沁む異見で 嘔気を蘇して 陋巷を高じ 急死を律した 泣く擺線で 偏私を佞して 塡装を免じ 満忌を達した 「シェィク」

騰貴の欲で 治工に辿って 麻紙を渇し 香饌に揉めた 利権の失で 旌旗に列して 兵曹を得て 遺矢に引けた 揚棄の徳で 多孔に宿って 家資を抹し 毛氈に込めた 私見の律で 霊気に接して 泳層を経て 罷市に活けた 「ソォール」

芋の指揮で 三綱を愛して 開始を摩し 味煎を騎した 彫る納期で 年縞を聘して 霊視を挺し 唐扇を聾した 霜の委棄で 安康を賽して 昧死を貸し 饋線を魅した 載る芳紀で 偏光を佞して 停止を隷し 楼船を党した 「レヴァル」

焚く満稿で 猛気を督して 養蚕に貢し 仮歯を扼した 経た営巣で 倚子を必して 輪姦で叱し 旌旗を例した 負く淡交で 投企を目して 講讃に要し 矢視を画した 得た併走で 悲史を逸して 震撼で律し 霊気を制した 「ダァヂュ」

荒る胆気で 等閑を捺して 孝志を浴し 夜窓を画した 似た標旗で 変項を佞して 専恣を令し 離散を資した 垂る暗鬼で 横貫を賭して 要旨を剋し 架装を扼した 干た尿器で 年功を聘して 練思を征し 試算を理した 「バァンプ」

悪の治工で 妖気を捺して 亢進を模し 麻紙を渇した 百の振起で 生禽を聘して 麗姿を訂し 賃走を略した 厄の阿衡で 応器を止して 妄信を鼓し 家資を抹した 尺の擯棄で 屏禁を製して 涕泗を隷し 林葬を着した 「ヂィフィ」

脈の氷期で 変更を面して 天姿を例し 離散を貼した 安危の作で 相姦を捺して 行使を要し 夜装を画した 百の妙機で 綿亘を偏して 恋矢を挺し 遅参を漁した 三季の悪で 横貫を蘇して 夭死を貢し 仮相を扼した 「リードゥ」

得た偏信で 庇恵を慰して 秋光を律し 連詩を摂した 辿る野性で 洋館を督して 盲亀を剋し 関渉を増した 経た延伸で 異型を比して 流向を失し 専恣を列した 宿る他姓で 灯竿を浴して 口器を目し 満床を貸した 「クラァプ」

刈る野犬で 溶射を剋して 壮行で党し 太始を猜した 祈る民器で 暝捜を閲して 兵禍に令し 猟船を評した 遣る花瞼で 厚謝を浴して 登降で草し 才思を体した 実る陰鬼で 営巣を滅して 冷夏に聘し 標線を諒した 「パァィル」

遣る削器で 早行を要して 悼詞で目し 邁進を足した 錨の罷市で 併走を役して 軽機で令し 琉金を吃した 避る薬気で 傭耕を奏して 毛詩で督し 対審を摩した 光の遺矢で 営巣を僻して 癘鬼で刑し 球菌を律した 「サィドゥ」

細る奥義で 安康を配して 夜気を画し 公金を浴した 似る私信で 先史を佞して 転漕を列し 両次を蟄した 恐る方技で 犯行を愛して 花卉を扼し 洋琴を剋した 痴る二神で 年歯を征して 斂葬を徹し 重事を律した 「フヮァィ」

非想の脈で 毛詩を掘って 陋見を党し 地気を略した 専恣の熱で 内宣を避って 哀毀を介し 権衡を閲した 御荘の百で 芳紙を漏って 倒懸を聾し 利器を着した 念死の説で 賽銭を為って 皆既を愛し 猿猴を結した 「マィナル」

穴の背向で 法規を捺して 口唇で要し 矢視を画した 湿の密送で 名詞を接して 礼金に訂し 中機を略した 花の愛校で 応器を補して 葉針で貢し 菓子を扼した 蜜の失踪で 精翅を滅して 提琴に隷し 流期を着した 「メェリィ」

巡る営巣で 淫気を魅して 利権を非し 幣紙を令した 治工の格で 行使を擁して 操船を吐し 丹祈を挿した 抉る瞑捜で 眠期を慰して 秘鍵を理し 霊祠を聘した 花梗の役で 夭死を貢して 東遷を蘇し 三季を足した 「ベントゥ」

闇の花瞼で 興起を要して 疱瘡で模し 蔓生を発した 列の天賜で 昼光を諒して 疵瑕で慰し 厭戦を摂した 髪の野犬で 揚棄を貢して 孟宗で歩し 半醒を抹した 鉄の連枝で 流向を弔して 烏賊で死し 撰銭を閲した 「バァドゥ」

粗の感喜で 向寒を押して 胞子を寄し 夜装を博した 神奇の蜜で 名香を制して 霊視を呈し 昼餐を略した 殻の暗記で 横貫を越して 容姿を補し 破窓を訳した 眠期の失で 生光を銘して 停止を例し 硫酸を着した 「ラァトゥ」

銘の変奏で 氷期を魅して 私見を療し 練思を制した 寒光の藍で 嘔気を越して 用箋を党し 多士を扼した 弊の面争で 妙機を比して 利権を証し 専恣を隷した 暗香の貝で 後喜を押して 刀尖を夭し 野師を託した 「ウェィク」

引く違旨で 英検を僻して 礼器に制し 新粧を律した 揉む後記で 官銭を抹して 他紙に約し 傭耕を党した 生く罷市で 兵権を役して 青旗に隷し 輪相を失した 籠む濛気で 万線を渇して 矢視に託し 登降を夭した 「ダァズル」