ウェヌスの暗号

韻を踏み過ぎてパーに成った。

ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


愚る芳紀で

擺線を塡して

他姓の扼で

傭耕を督した

 

検層の裂で

両系を喫して

診る小験で

成歯を面した

 

欲る嘔気で

間銭を派して

野性の謫で

登降を浴した

 

斂葬の傑で

鏡径を律して

識る冥見で

名士を選した

 

 

ハーティ

識る妙技で

名剣を選して

連枝の諦で

中層を律した

 

偕行の粗で

応器を濾して

拠る法線で

跛者を訳した

 

試る小儀で

正拳を面して

天賜の戻で

琉装を蟄した

 

愛校の殻で

香気を捺して

彫る用箋で

夜叉を博した

 

 

「スピーク」

蓄の硫酸で

連碁を訂して

滅の銑鋼で

市政を魅した

 

安気の羽で

疱瘡を推して

皇師の浴で

夜間を画した

 

戮の昼餐で

転語を隷して

摂の綿甲で

未成を資した

 

半期の姉で

往相を干して

容姿の克で

可換を扼した

 

 

ワァグル

森の包装で

排紙を摩して

覚の野選で

溶射を候した

 

盛夏の鱝で

遺賢を資して

瘤起の逐で

堤高を隷した

 

堀の妄想で

昧死を破して

厄の佳饌で

降車を夭した

 

英貨の製で

私権を慰して

駐機の戮で

霊香を訂した

 

 

「ファギヴ」