ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


扼の禍患で

高貴を擁して

堀の横行で

哀歌を排した

 

湿の妙算で

名詞を省して

戻の丁壮で

陳謝を療した

 

恪の夜間で

陽気を貢して

澱の奉公で

廃貨を愛した

 

蜜の小産で

誓紙を瞑して

呈の霊草で

臨写を諜した

 

 

ベェヴィ

毒の闘志で

鍛金を題して

八旗の槍で

葉層を報じた

 

姓の禅閤で

情史を請じて

両心の客で

傾危を列した

 

徳の動止で

断琴を帯して

薬気の針で

芳草を要じた

 

贅の鮮紅で

小疵を乗じて

嬌嗔の略で

励起を結した

 

 

「ロストゥ」

前相の隷で

両義を乗じて

診る小参で

清気を滅した

 

開始の跋で

傍観を高じて

依る報時で

波高を扼した

 

連装の贅で

上議を領じて

識る妙算で

名機を摂した

 

倍蓰の喝で

交感を忘じて

惚る要事で

治工を博した

 

 

ヒュゥー

意企の光で

偏好を役して

適時の烈で

両三を貼した

 

枯旱の浴で

訳義を角して

昧爽の幸で

桑梓を模した

 

誹毀の錨で

援交を僻して

歴事の哲で

超酸を療した

 

余寒の告で

格技を約して

採藻の町で

猛士を蘇した

 

 

「ハァスク」