ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


失の未成で

銘仙を宣して

励起を決し

帰校を律した

 

徳の同旨で

男装を帯して

晩景を配し

奉献を没した

 

蜜の私生で

精銭を面して

掲記を列し

履行を喫した

 

毒の祷祀で

担送を題して

半径を倍し

剖検を欲した

 

 

「サァニィ」

尋む農桑で

南史を足して

満干を破し

豊肌を模した

 

生く指揮で

性交を閲して

経始を列し

離線を喫した

 

祈む党争で

単糸を済して

繁閑を摩し

盲亀を補した

 

布く委棄で

曳行を接して

冷視を結し

帰泉を律した

 

 

「カァチュ」

祈る未見で

綿花を詠じて

洗口に偏し

悲喜を頌した

 

録る葉層で

夜叉を託して

羅氈に刊し

行使を弄じた

 

実る違憲

塩加を命じて

変更に選し

志気を評した

 

因る痘瘡で

他社を扼して

化繊に濫し

老死を困じた

 

 

「パァズル」

私生の芋で

援交を攻めて

連枝の鉄で

腸管を略した

 

怖き養鶏で

野蚕を隠して

幕の半旗で

包装を漏れた

 

遺精の霜で

千行を笑めて

天賜の列で

量感を着した

 

弱き咬痙で

家産を扼して

箔の満期で

妄想を掘れた

 

 

「リーレィ」