ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


百の私見

世紀を偏して

計の霊交で

竪義を喫した

 

躍の悪銭で

奥旨を寄して

森の闘争で

嘆辞を抹した

 

釈の丕顕で

兵機を宣して

礼の慶幸で

球技を律した

 

握の薬箋で

容止を押して

鳥の妄想で

卍字を達した

 

 

シィーム

知県の道で

名機に典して

列の斉奏で

舟師に律した

 

海戦の悪で

王氏を濾して

横の砲熕で

八旗を約した

 

眉間の乳で

帝紀に面して

説の礼装で

柳糸に失した

 

相先の郭で

皓歯を捺して

鉾の要項で

薬気を博した

 

 

「アースク」

熱の点景で

恥垢を任じて

小疵の略で

冷戦を制した

 

花瞼の厄で

陽気を剋して

澱の本宗で

剥製を按じた

 

鉄の年契で

尼公を陳じて

漁師の釈で

聖遷を隷した

 

野犬の格で

高貴を浴して

堀の音相で

悪政を判じた

 

 

クロォィ

沃の闘争で

卓子に約して

牌の相先で

往事を補した

 

盟の盛儀で

証券を魅して

乞の猟奇で

裂肛に決した

 

篤の洋装で

薬師に託して

藍の廃線

宝治を捺した

 

姓の名技で

冥顕を資して

慄の狂気で

結講に列した

 

 

フリィク