ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


鉄の礼金

瘤起を諜して

移相を比し

幣紙を役した

 

策の邁進で

猛士を蘇して

揺光を貢し

花卉を扼した

 

列の提琴で

駐機を漁して

肥瘦を慰し

英詩を僻した

 

幕の砕心で

宗子を燃して

鴻溝を擁し

夜気を画した

 

 

「プレェィ」

銘の変更で

氷期を魅して

賞讃を領し

冷視を制した

 

薬草の髪で

行使を擁して

透関を捺し

哀毀を帯した

 

弊の綿亘で

妙機を比して

量産を証し

静思を隷した

 

角層の闇で

夭死を貢して

横貫を吐し

堆起を愛した

 

 

「カマンヌ」

塀の名刺で

味煎を比して

療治を蟄し

丁壮を列した

 

寄る交誼で

野犬を画して

哀毀を作し

操行を捺した

 

茗の幣紙で

飛仙を魅して

貼示を律し

霊草を徹した

 

凝る要義で

花瞼を訳して

斎忌を握し

鶯簧を蘇した

 

 

「フューズ」

掻く夜気で

用件に貢して

奥義で歩し

犯行を殺めた

 

握る中線で

天資に寝れて

政争で例し

療治を証した

 

焼く花卉で

効験に要して

方技で推し

安康を早めた

 

契る乳腺で

年歯に照れて

礼奏で制し

昭示を領した

 

 

「ネェトゥ」