ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


蟄の留止で

令辰を挺して

競る騙詐で

氷霜を識れた

 

飽く満稿で

孟夏を捺して

翌の後金で

家記を病めた

 

率の中祀で

貞心を礼して

経る千差で

聖僧を嚔れた

 

設く暗刻で

横禍を模して

酷の洋斤で

夜気を擤めた

 

 

カラリィ

理科の叱で

雪行を列して

嬖の明記で

未見を簸れた

 

貨車の握で

憶想を凝れて

宵の頭指で

多選を訳した

 

死火の慄で

裂肛を節して

姪の併起で

秘鍵を診れた

 

阿遮の嚇で

国葬を折れて

問の羊脂で

夜戦を託した

 

 

「メドゥル」

酩の塡詞で

町間を観れて

秘戯の慄で

連奏に聘した

 

甘汞の藍で

往時に哭して

横の宋銭で

箚記を殺れた

 

締の綿糸で

冥見を散れて

理義の逼で

返送に礼した

 

暗紅の貝で

向自に臆して

底の用箋で

薬気を曝れた

 

 

パードン

性交の礼で

輪禍を請じて

道の智剣で

帝紀を免じた

 

檻の奉伺で

廃船を愛して

貨車の籥で

洋装を鼓した

 

励行の制で

瞋火を領じて

乳の未見で

茗器を転じた

 

堀の横死で

相先を配して

夜叉の槨で

好走を寄した

 

 

カマディ