ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


妙見の尺で 制規を銘して 丁壮を例し 李贄を着した 神の相先で 王師を講じて 陽光を報じ 八旗を訳した 商圏の脈で 名機を省して 霊草を呈し 智歯を略した 網の海戦で 後肢を応じて 方向を要じ 薬気を博した 「オゥヴァ」

辿る矢視で 養蚕を投じて 黄化を蘇し 三綱を愛した 鶏姦の列で 僚機を興じて 御荘を比し 蔽遮を面した 宿る他誌で 当参を要じて 相加を捺し 安康を裁した 戻換の決で 凶器を療じて 非想を魅し 鳴謝を偏した 「リィール」

貝の外車で 合装を濾して 吃る闘詩で 短箋を脱した 幣の性交で 士気を評して 祈る未見で 綿花を閲した 害の会社で 厚葬を後して 燈る動止で 団扇を達した 制の閉講で 悲喜を誦して 実る違憲で 炎火を滅した 「ポンドゥ」

柵の椰子で 洋装を蘇して 盲亀を督し 大禁を抹した 列の軽震で 嬌姿を律して 粃糠を医し 英気を僻した 厄の渣滓で 草創を寄して 当帰を沐し 毎勤を達した 決の令辰で 量子を喫して 遺稿を秘し 兵機を役した 「タァタル」

治工の格で 皓歯を要して 鳥の鶯遷で 哀毀を対した 銘の並走で 氷期を魅して 私見の律で 霊祠を制した 下後の役で 容姿を貢して 澱の投扇で 堆起を愛した 弊の瞑捜で 妙機を秘して 利権の失で 勢至を隷した 「ラァンプ」

箔の治工で 容赦を補して 笈の闘拳で 大志を愛した 計の礼銭で 琉歌を狂して 蜜の疾走で 精機を滅した 役の波高で 報謝を止して 樋の王権で 哀思を対した 令の罫線で 休暇を領して 失の密送で 冥鬼を摂した 「カールマ」

脈の神政で 正餐を滅して 廷試を礼し 琉装を貼じた 河系の役で 洋館を濾して 嘔気を報じ 犯行を愛した 尺の民生で 名産を接して 霊祀を挺し 中層を療じた 野景の格で 皇漢を止して 法喜を応じ 安康を配した 「イミヂュ」

濃き陽気で 夜間を画して 阿遮を対し 逃走を応じた 白む乳痂で 年縞を摂して 恋矢を呈し 昼餐を療じた 善き高貴で 禍患を訳して 他社を愛し 押送を投じた 睨む臭化で 先皇を熱して 転子を隷し 硫酸を貼じた 「リメィン」

薬気の箔で 法剣を要じて 踏歌を捺し 安康を対した 詩箋の蜜で 名刺を撰じて 霊草を敬し 窮鼠を律した 八旗の厄で 用件を報じて 王化を吐し 淡交を愛した 味煎の失で 精翅を免じて 渓相を例し 流祖を喫した 「スキンヌ」

宣賜の令で 離層を賞して 味噌の客で 圭算を面した 宿る他家で 陶棺を止して 誇る嘔気で 暗溝を拝した 連詩の姓で 刺創を領して 基礎の脈で 名産を験した 辿る野火で 洋館を賭して 起る法喜で 藩校を愛した 「セェルフ」

明る胆気で 等閑を捺して 皓歯を浴し 薬草を画した 鶸の二期で 念校を聘して 霊視を制し 試算を領した 集る安危で 横貫を吐して 羊脂を剋し 角層を扼した 庭の悲喜で 偏好を佞して 静止を隷し 離散を証した 「アナザル」

吃る祷祀で 担送を題して 細瑕を座し 雑巾を則した 居た鄙事で 変針を役して 計器を令し 履行を供した 燈る動止で 男装を帯して 罪過を差し 鎗金を賊した 干た異時で 延伸を僻して 霊気を刑し 帰校を領した 「ボォゥス」

夜気の核で 後賢を依って 陶歯を燃し 埋草を達した 院試の鶸で 壁泉を得れば 旌旗を隷し 輪行を失した 花卉の厄で 葉圏を凝って 毛詩を吐し 大棗を抹した 瀕死の岩で 駅船を経れば 霊鬼を制し 深交を律した 「エクセス」

鉄の年紀で 尿管を契って 紫蘇で比し 返送を製した 満腔の悪で 横禍を戻して 養蚕で濾し 仮歯を訳した 熱の天機で 潮間を握って 飛鼠で資し 船装を聘した 暗香の幕で 孟夏を脅して 講讃で止し 矢視を画した 「スィング」

興る創見で 三帰を握して 仮相を訳し 幼歯を校した 庭の標旗で 偏光を佞して 摘示を隷し 流泉を諜した 底る王権で 晏起を策して 夜窓を隠し 公私を夭した 鶸の尿器で 年縞を聘して 轢死を呈し 注染を療した 「シマリィ」

椰子の策で 壮蚕を止して 冬期を応じ 阿衡を帯した 外姉の格で 訌争を後して 宝器を忘じ 陪観を排した 渣滓の厄で 葉酸を蘇して 嘔気を投じ 多孔を愛した 海市の学で 合装を濾して 紡機を報じ 廃刊を倍した 「イーチュ」

生く新規で 清鑑を怨じて 底止を隷し 琉装を貼した 噛む野史で 養蚕を校して 応器を歩し 犯行を按じた 布く陰気で 鋭感を煎じて 冷視を呈し 中層を療した 病む瑕疵で 講讃を夭して 邦畿を推し 安康を判じた 「ラギドゥ」

睨む秋蝉で 先史を念じて 転校を隷し 瘤起を着した 諫争の学で 合紙を濾して 冒険を報じ 半季を縛した 白む乳腺で 年歯を撰じて 連亘を訂し 駐機を略した 嵌装の格で 交子を後して 奉献を忘じ 晩期を博した 「ボォゥル」

観た非想で 片紙を面して 潜函を令し 猟期を招じた 煽る邂逅で 校紀を押して 当参を要じ 薬師を託した 干た御荘で 綿糸を偏して 連桿を征し 商機を療じた 薫る愛好で 嘔気を越して 養蚕を投じ 卓子を扼した 「オゥパン」

策の野禽で 幼時を奏して 押送を濾し 乾季を案じた 契る乳香で 年歯を点じて 令辰を聘し 氷菓を諒した 役の砂金で 聡耳を擁して 航走を捺し 暗鬼を感じた 握る昼光で 天資を念じて 平心を例し 燎火を評した 「パァンプ」

契る乳酸で 年歳を転じて 礼装に接し 螽斯を領した 荒る改軌で 向寒を押して 抱懐に要じ 治工を博した 握る昼三で 天災を念じて 清掃に列し 粒子を称した 枯る哀毀で 横貫を越して 溶解に報じ 波高を扼した 「スリィプ」

雪行の贅で 銃器に請じて 留心を貼し 転子に礼した 箔の抜挿で 傍視を報じて 洋琴に貢し 花卉を扼した 舌耕の姓で 州旗に乗じて 注進を療し 恋矢に挺した 獏の発走で 放資を忘じて 公金に擁し 夜気を画した 「クラァム」

秘所の岩で 営巣を経ても 列の帝紀で 腸管を略した 恋の養蚕で 野史を狩って 満腔の策で 窓下を黙した 遺緒の鶸で 並走を得ても 鉄の霊気で 量感を着した 宵の講讃で 瑕疵を遣って 散光の幕で 猛火を則した 「グレィン」

僕の銅器で 断郊を倍して 垂る哀思で 桜唇を吐した 贅の幻肢で 儀装を乗じて 略の紙器で 青襟を例した 毒の紡機で 万考を題して 荒る大志で 痘疹を捺した 芸の全姿で 侍曹を行じて 尺の理気で 霊菌を征した 「アグリィ」

載る芳紀で 版権を生して 大志を愛し 押送を投じた 明史の客で 経線を滅して 旌旗を例し 隆興を招じた 掘る納期で 難件を派して 哀思を帯し 逃走を応じた 金鵄の脈で 銘仙を結して 霊鬼を征し 修好を療じた 「ブラシュ」

吃る都記で 対向に脱して 冠詞の額で 合繊に濾した 蜜の証験で 旌旗を滅して 変装の令で 利子を評した 燈る土器で 代講に達して 雁歯の核で 交線に後した 失の冥顕で 名機を摂して 連奏の弊で 斐紙を諒した 「ポォール」

着た眠期で 名剣を決して 冷菓を呈し 賃走を諒した 菜の残肴で 増車を奏して 防染を欲し 半紙を倍した 観た金気で 契券を滅して 定価を隷し 林葬を諜した 材の三皇で 掃射を蔵して 烹鮮を没し 挽詩を拝した 「スォーム」

失の未成で 銘仙を宣して 励起を決し 帰校を律した 徳の同旨で 男装を帯して 晩景を配し 奉献を没した 蜜の私生で 精銭を面して 掲記を列し 履行を喫した 毒の祷祀で 担送を題して 半径を倍し 剖検を欲した 「サァニィ」

尋む農桑で 南史を足して 満干を破し 豊肌を模した 生く指揮で 性交を閲して 経始を列し 離線を喫した 祈む党争で 単糸を済して 繁閑を摩し 盲亀を補した 布く委棄で 曳行を接して 冷視を結し 帰泉を律した 「カァチュ」

祈る未見で 綿花を詠じて 洗口に偏し 悲喜を頌した 録る葉層で 夜叉を託して 羅氈に刊し 行使を弄じた 実る違憲で 塩加を命じて 変更に選し 志気を評した 因る痘瘡で 他社を扼して 化繊に濫し 老死を困じた 「パァズル」