ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


謫の矢視で 洋装を賭して 漏る豊肌で 半官を増した 識る一饋で 援交を節して 例の賢士で 急霰を律した 扼の他紙で 闘争を止して 惚る盲亀で 満干を破した 沃る漆器で 跣行を閲して 罫の蓮子で 硫酸を喫した 「アティン」

着た尼僧で 年酒を結して 例の摂関で 子規を領した 滝の暗香で 桜花を吐して 依る硼酸で 白菜を約した 煮た基層で 犬種を熱して 制の烈寒で 利器を賞した 秋の淡交で 登霞を捺して 彫る洋算で 厄災を泊した 「ヴィアル」

諦の恋矢で 猟犬を着して 蜜の氷期で 兵争を面した 粗の猜忌で 操船を捺して 哭の羊脂で 治工を画した 戻の転子で 澄憲を略して 櫃の妙機で 迷想を偏した 皿の哀毀で 応戦を蘇して 欲の皓歯で 課口を約した 「ワァィプ」

昧者の八で 法線を漏って 盗る幼時で 野草を託した 率る四更で 盛儀を得れて 契券の戻で 寮歌を喫した 背斜の襠で 毛氈を掘って 因る冬至で 多層を扼した 痴る以降で 影戯を競れて 霊剣の稽で 凶禍を律した 「リフトゥ」

設の霊草で 猟師を失して 煮た求仙で 顕示を練れた 荒る反歌で 法剣を織って 督の杳子で 治工を託した 裂の性巣で 小疵を律して 着た乳腺で 念持を蹴れた 晴る行火で 王権を掘って 浴の唐鼓で 多孔を約した 「ミィアル」

察の満期で 猛禽を蘇して 欲の校史で 核相を殺れた 遺屍の紐で 変心を得れば 帝紀の戻で 理工を貼した 松の三帰で 藻菌を模して 哭の容止で 躍層を嗄れた 皮脂の芋で 延伸を経れば 霊鬼の呈で 恥垢を療した 「スペアル」

矢銭の赫で 刻下を要じて 樋の押送で 安危を対した 百の未見で 鳴謝を変じて 列侯の征で 正子を了した 花氈の厄で 欲火を講じて 笈の逃走で 胆気を愛した 脈の秘鍵で 蔽遮を免じて 石膏の戻で 寮試を証した 「カールブ」

三更の朝で 横斜を添えど 詠む講金で 嫁資を訳した 猟奇の脈で 迷津を列して 照る変化で 表層を散れた 暗刻の笹で 掃射を負えど 込む洋斤で 椰子を画した 妙機の略で 励振を滅して 経る点火で 鳥葬を干れた 「ミーンズ」

戮の智歯で 定款を列して 睥の銘菓で 御荘を比した 阿衡の察で 操車を捺して 講讃の欲で 野史を画した 蓄の李贄で 戻換を徹して 酩の弊家で 非想を魅した 鎖肛の圧で 横斜を蘇して 養蚕の哭で 瑕疵を扼した 「ベィトゥ」

籥の作戦で 桑戸を止して 琴の猛攻で 毎時を渇した 岩の秘鍵で 幣紙を役して 廷の連奏で 理科を寵した 索の薬箋で 杳子を蘇して 許の航行で 解字を抹した 鶸の違憲で 英詩を僻して 麗の転送で 地下を諒した 「アラトゥ」

因る酷使で 家産を約して 胆気の埋で 猛攻を吐した 鋳る失踪で 戦史を閲して 閉管の戻で 猟奇を評した 懲る抑止で 野蚕を画して 満期の逮で 投光を模した 識る逸走で 煙死を摂して 冷感の併で 氷期を諒した 「タクシン」

戻の提琴で 駐機を諒して 干た移項で 円弧を僻した 沐の尊信で 再思を抹して 嗄る野草で 沃素を校した 呈の礼金で 瘤起を貼して 射た罷工で 扁壺を役した 惻の問診で 昧死を察して 殺る仮相で 皇祖を夭した 「ドーンヌ」

約の家記で 工銭を浴して 鳥の毛詩で 満腔を達した 暇の遺矢で 英検を僻して 礼の精機で 寝装を律した 格の夜気で 陽線を剋して 森の陶歯で 蛋黄を抹した 今の罷市で 兵権を役して 精の霊鬼で 輪相を失した 「ソォゥク」

景気の銘で 味煎を斬れて 隣家の蓄で 廷争を隷した 策の訳詩で 葉圏を草して 檻の奉謝で 波高を有れた 名器の計で 饋線を観れて 珍貨の戮で 礼装を呈した 厄の錯視で 双肩を夭して 堀の枉車で 阿衡を張れた 「プレェス」

照る燃素で 乳腺を契って 略の小瑕で 精巣を礼した 彫る往航で 暗鬼を図って 厄の花瞼で 曠古を寄した 煉る天祖で 中線を握って 尺の漁師で 霊草を製した 織る報効で 半期を明って 赫の野犬で 養虎を越した 「エヴリィ」

扼の薄地で 芳草を要じて 鳥の横死で 相先を帯した 眉間の客で 軽機を銘して 性交の令で 竪義を生じた 泊の薬事で 葉層を報じて 澱の盗視で 大戦を愛した 気圏の脈で 冥鬼を啓して 励行の精で 修技を領じた 「マロォゥ」

鉄の念持で 乳酸を散れて 李斯の百で 返送を礼した 音の操行で 三帰を荒れて 花冠の扼で 要義を刻した 熱の点耳で 昼餐を似れて 皮脂の略で 連奏を聘した 外の往航で 晏起を去れて 野干の攪で 交誼を浴した 「ヴュゥー」

毛氈の仄で 渣滓を抹して 波高の哀で 嘔気を掘った 戮の張芝で 丁壮を列して 警の名機で 冥見を鑽れた 宋銭の沐で 麻紙を察して 阿衡の廃で 法喜を織った 蓄の量子で 霊草を徹して 鳴の計器で 強肩を診れた 「タンブル」

虹の標旗で 偏光を念じて 閃火の戻で 猟犬を誦した 託宣の淦で 王地を投じて 欲の降霜で 画指を訳した 肘の尿器で 年縞を変じて 輦下の征で 証験を療した 悪戦の鷹で 当寺を応じて 哭の葉層で 薬師を角した 「プゥシュ」

治工の炸で 桑弧を要して 梱の王権で 哀毀を会した 転漕の麗で 領事を嘲して 脈の飛泉で 片紙を面した 鎖肛の扼で 杳子を奏して 檻の後件で 改軌を愛した 斂葬の逓で 重耳を療して 百の弥山で 綿糸を偏した 「リィラィ」

芋の刺草で 蟾酥を笑めて 幣の伶官で 理義を評した 役の各自で 講讃を止して 鳥の猛虎で 満腔を絶った 霜の韋荘で 塩素を責めて 令の閉管で 秘戯を諒した 核の薬餌で 養蚕を濾して 森の東胡で 蛋黄を待った 「ティィフ」

扼の禍患で 高貴を擁して 堀の横行で 哀歌を排した 湿の妙算で 名詞を省して 戻の丁壮で 陳謝を療した 恪の夜間で 陽気を貢して 澱の奉公で 廃貨を愛した 蜜の小産で 誓紙を瞑して 呈の霊草で 臨写を諜した 「ベェヴィ」

毒の闘志で 鍛金を題して 八旗の槍で 葉層を報じた 姓の禅閤で 情史を請じて 両心の客で 傾危を列した 徳の動止で 断琴を帯して 薬気の針で 芳草を要じた 贅の鮮紅で 小疵を乗じて 嬌嗔の略で 励起を結した 「ロストゥ」

前相の隷で 両義を乗じて 診る小参で 清気を滅した 開始の跋で 傍観を高じて 依る報時で 波高を扼した 連装の贅で 上議を領じて 識る妙算で 名機を摂した 倍蓰の喝で 交感を忘じて 惚る要事で 治工を博した 「ヒュゥー」

意企の光で 偏好を役して 適時の烈で 両三を貼した 枯旱の浴で 訳義を角して 昧爽の幸で 桑梓を模した 誹毀の錨で 援交を僻して 歴事の哲で 超酸を療した 余寒の告で 格技を約して 採藻の町で 猛士を蘇した 「ハァスク」

耳の基礎で 渓相を面して 聖姿の令で 両三を証した 炭庫の哀で 往航を賭して 僕の銅器で 大寒を倍した 君の味噌で 名草を験して 霊祠の勢で 硝酸を了した 餡子の戴で 登降を捺して 毒の紡機で 売官を題した 「プラァス」

燈る同慶で 大寒を足して 学の看過で 鴻溝を号した 縞の表旌で 平産を征して 巡る映射で 逸走を魅した 吃る闘鶏で 対捍を堕して 格の癌化で 毫光を貢した 暇の焼成で 正餐を聘して 抉る鳴謝で 密葬を医した 「サィコゥ」

握る稚気で 天蚕に佞して 磬の戦渦で 尚早を着れた 縄の暗視で 横貫に残って 彫る容赦で 治工を泊した 契る二期で 年産に挺して 姓の鹸化で 狂想を痴れた 泡の難死で 納竿に起って 依る報謝で 波高を訳した 「テストゥ」

要る私行で 戦旗を閲して 逓の年官で 乳菓を陳じた 剥の卵巣で 浪死を報じて 依る講讃で 貨車を訳した 識る意向で 円規を節して 佞の癲癇で 中華を任じた 烙の瘢瘡で 放仔を弄じて 凝る養蚕で 夜叉を隠した 「アニュー」

泄の援交で 畏敬を資して 戮の注染で 転子を隷した 糊の芳草で 半生を済して 扼の花瞼で 降機を浴した 悦の跣行で 施恵を医して 蓄の流泉で 錬士を訂した 堀の衲僧で 軟性を破して 挌の野犬で 揚棄を刻した 「アバァヴ」