ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


教室の闇で

睡る詩人は

肉を酸化し

恋に嘆ずる

 

花を縋るな

天使の黙示

強い厭世が

余白に宿る

 

屋上の空で

祈る奴隷は

唄を連鎖し

夢に奉ずる

 

霊を罹るな

夕陽の美学

暗い熱望が

無音に実る

 

 

「学校の底で」