ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


熾天使が護る

賤しい馬小屋

懇願は実って

道徳律を賜る

 

盲目な慈愛を

万物が命じて

罪悪の患部は

傲慢に痛んだ

 

自負心が残る

淋しい路地裏

失望は迫って

現実性を疑る

 

独善な地獄を

存在が詠じて

背反の景色は

荒漠に拓いた

 

 

「救世の因果」