ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


激しい恋の詩が好きだ
だけど僕にはそんなもの書けない
大凡書けやしない
僕は激しい恋を燃やさずにいる
一度たりとも赤くは染まらぬ
其れを不幸という人々が集まった街に僕は
随分と暮らしているはずなのだけれども
それでも一度たりとも戯曲ですら
戯れたことがないのだ
恐らく僕は随分昔に
完全な失恋を誰彼構わずしてまわり
這いずり回ってこの街にたどり着いたのだ
だから誰しもが僕を不幸だというのは
もっともなことに違いない
しかし僕は何分好きであるがゆえに
そう見せかけた想いを書き綴ろうと悩む
悩むのはいいものの僕は不幸な上に
其れに気付く頭すらないようで
度々閉口しては街の人々に聞く
「それはどんな想いなのですか? 痛くはありませんか?」
「どのような形の代物なのですか? 怖くはありませんか?」
そうするときまって人々は鼻で笑い
僕に其れを教えてくれることはない
恐らくそういう要素こそが恋であり、愛であるのだろうと
僕は引きつった笑みで頷くけれど
やはり僕が生まれる前にしてしまった失恋を
想い、街に出るのに怯え泣く




「恋慕」