ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


ねぇ、幽霊になりたいな

ピカピカ光る幽霊に

痛い痛いと言いながら

本当はもう死んでいるんです

 

イライラ顔の塾帰りの少女を

ワッと背中から驚かせたいな

心ごと引き篭もっている青年に

画面の中からこんにちは!

 

血塗れになった服を着て

中から色々飛び出して

誰が見ても僕じゃないから

気楽に恐怖をするのです

 

たまには高く高く飛んで

見下ろすのは僕だけの夜景

きっと綺麗なんだろな

死んでもいいと思えるくらい

 

忘れられてもいいのです

後悔するほど生きてもないし

この悲しみとはさようなら

幽霊の僕にご期待ください

 

 

「うらめしや」