ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


温厚の仔が

建植すれば

禁穴さえも

哀然を鴨る

 

短見の花は

宏き陳説で

篆刻しても

褒賞を摂る

 

昏黒の尾が

艶笑すれば

陰険さえも

快絶を漁る

 

蟠結の珠は

近き貧賤で

偏向しても

等色を掘る

 

 

「没落の天賦」