ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


風に囃され

花を薫った

僕の分まで

君は微笑む

 

夢が昏くて

胸に縋れば

君の鼓動は

僕を鎮める

 

人に至れず

肉を捌いた

僕の分まで

君は傷付く

 

愛が叶って

皿に並べば

君の覚悟は

僕を救える

 

 

「屠殺生」