ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


鏡を見詰め

紅塗る僕は

綺麗な嘘に

涙を流した

 

背徳の指で

彼に触れば

汗ばむ味が

舌を誘った

 

躯を裂けど

人魚は迷い

全て忘れて

夢に溺れる

 

広い背中に

重たい声が

遠のく僕の

初恋でした

 

 

「碧い肌」