ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


生首の花から

蜜が滴るのを

舐める甘美に

童心は高鳴る

 

壊れた犬猫に

入れる電池の

その数を競い

最強を決めた

 

好きな少女を

石で殴り続け

柔い剥き身へ

必死に腰振る

 

子供ながらに

幸いと遊んだ

故郷の夕焼け

心地よい悪臭

 

 

「無二の郷愁」