ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


経血を舐める度

心は鉄となり

糠喜びの懐妊に

意思も蝶結び

 

破水を啜れば

雄叫びが暴れる

逃避を止めた

目付きは野生児

 

子宮に齧り付き

血肉を満たす

吐く息は赤赤と

夜を塗り潰す

 

胎児を咀嚼し

永遠とのお別れ

転がる母体に

愛の詩篇を刻む

 

 

「命の道」