ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


戦場は赤過ぎる

響く大人の産声

悪魔の法螺話

雨と喧嘩した風

 

死体遺棄の役目

僕は正しくない

永遠が奪うもの

蛆虫の栄養素

 

防衛戦は肯定

煙草一本の言葉

捨てられた右腕

人をやめた人々

 

恋人の白黒写真

数学者は死んだ

殺戮のち安堵

忘れ果てた動機

 

 

「戦死の畏れ」