ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


遠くで電気ギターの音がする

僕は川のせせらぎだと言った

貴方は地獄の呻きだと話した

今日で世界は終わるかもしれない

 

死の五線譜が正確に記される

僕は罪の果実を二つに割った

貴方は齧って空に吐き捨てた

悲鳴を灯したバラードが流れる

 

神様を概念から引きずり下ろした

僕は或いは獣姦の如く愛した

貴方は或いは聖者たちを咎めた

何より美しい音は一度だけ死んだ

 

私は誰だと胎児は泣き喚いている

僕は肺に赤い蝶々を停めていた

貴方は喉にブルースを注ぎ込んだ

旋律は丁度心音の律動に添い遂げる

 

 

「音響の美観」