ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


僕の運命は

螺旋を描く

貴方の輪とは

結ばれないまま

 

何度生まれて

何度死んだか

貴方を想う

本性一つで

 

必ず掴めず

僕は実らない

貴方は遠くの

喧騒の中へ

 

それが幸せだと

今頃気づいたよ

何度も恋をして

その都度愛を観て

 

 

「螺旋の片想い」