ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


君は星目の少女を知って

恋を征服したつもりになってる

彼女が恋慕を叶えたことの

本当の理由も知らないままで

 

君はあまりにも幸せに頑固だ

最善手の幻想に溺れている

僕は何度も君に教えようとしたのに

君は僕の顔を見つめるだけだ

 

だけど、君と僕こそが永遠なのだ

僕の中の君の中の僕こそが僕である

君の夢を最悪の形で壊す事により

物語の時間は初めて動き出す

 

もう漫画は止めてしまおう

少女ではない君が見てみたいよ

僕が本物の英雄になった後に

今度は君が僕を探し求めるだろう

 

愛しているよ

僕だけの君へ

 

 

「禁固五十三年」