ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


死神は決して笑わない

それを理解し生きるには

僕はあまりに幼くて

全てを単一に敵と見做して

手持ちの時間を費やしていた

 

灯火は誰の為に消える

そこに解答を求めた僕は

偶発というものに蓋をして

運命気取って溺れてく

狡く汚い生き物となった

 

世界は僕への最終兵器

その空論を信じ続けて

不誠実な生き方をする

そういう類の流行病に

何度も頭を突っ込んでいた

 

傷つくだけしか能がない

独りで知られず呟きながら

泣いてくれるな、幼き僕よ

確かに思想は醜いけれど

為される痛みは真であったよ

 

 

「死神の影を捕まえて」