ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


スプレー缶の死体の

返り血を浴びた高架下

青く未熟な果実らが

若気の哲学に報復をする

 

江利絵里れ柾獏太に

 

体育倉庫の暗がりで

無垢に振り下ろす釘バッド

痺れる指先で確かに感じる

罪悪感の気持ちよさ

 

江利絵里れ柾獏太に

 

意味を望んだ敵対心で

教室は完成を求めている

今更正義と名乗っても

真実を欲しがる奴らはいない

 

江利絵里れ柾獏太に

 

反則な程の遺恨のナイフに

空を舞う拳は頼りない

磔になった誇りは熱を失い

残る聖痕だけが静かに泣く

 

江利絵里れ柾獏太に

 

 

「見捨られし不良」