ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


あんなにも世界は綺麗なのに

僕はそれを伝える術を持たない

猫がニャーしかないように

宇宙に雨が降らないように

 

裸の少女の無邪気さに

心が酷く打たれたとして

兵士の決死の散り際に

涙が感覚を失ったとして

 

僕は穢れを穢れと答えた

穢れの美しさを見ないふりして

僕は悪夢を悪夢と答えた

悪夢の正しさを蔑ろにして

 

美観に美術で首輪をしてる

厳しい芸術家にはなれないよ

ただ汚れた瞳を閉じた時にだけ

心がほんの少し軽くなったの

 

 

「世界の芸術の温もりの底面で」