ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


湯船一杯の海の中で

僕の体は溶けていく

次第に形は胎芽に戻り

いずれ跡形もなく消え失せる

 

ああ、君よ、大切な君よ

そしたら栓を抜いておくれ

底に渦巻く想いを見届けながら

僕の物だった未練がましい魂が

詰まらぬように掻き混ぜて欲しい

 

それから君は体を清めるのだ

もう僕の含まれない新しき海で

無邪気な裸を丁寧になぞりながらも

宇宙に燃える恒星を胸に宿したら

白く赤く青く時々は黒く

貴方の肌を色めかして生きなさい

 

海は何処へ帰るのか

僕は今も知らないままだ

だから含有された小さな海の

行き着く在処に夢を見ている

 

 

「浴槽の海」