ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


愛が溢れて
海に満ちて
街を飲み込み
人が死ぬ


人を狂わせ目を回し
意味を無視して手が震え
夢を忘れて歯が軋む
それがつまりは愛なのだ


声が聞こえて
脳を気にして
ナイフを取り出し
人が死ぬ


囁くだけが愛じゃない
抱きしめるのが愛じゃない
ただ、この寂しい感傷が
愛の答えと想うのだ


煙草をふかし
ベランダのりだし
空が落ちたら
人が死ぬ


痛みに似ているこの色が
焼ける匂いの温もりが
絶望的なほどの手触りが
恐らく愛と呼ばれてる


僕は信じて宇宙で仮想
そういう次元も在ると知れ




「愛の姿を目で追った」