ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


雨の国の人たちは
肉や骨のその前に
魂をまず腐らせて
死んでいくと聞きました


きっと心は簡単です
雨は全てを平等に
弱らせ溶かしてそのままに
次の雨へと変えるのです


土が愛していたんだと
抱き寄せそっと呟いて
蕩けた泥では意思が死に
殺してほしいと嘆くのです


雨の国の人たちに
僕も逢いに行くのです
魂さえも要らないと
きっと泣いてる優しき人に




「雨の国」