ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


詩集からはずした。

殺意未明
滞りなく愛
歓声の数数え
著しく妄想


殺意未明
きりがなく愛
命の差別化始め
何と無く妄想


殺害に於いてわたくしは
余り考え込みはしない
ゼリーになった返り血を
トースト乗せて召し上がる


殺害記述
惨めに憎い君
殺してやろうか
悪くもまた妄想


殺害記述
君を許せない
食い散らかしたい
信じられず妄想


殺害に於いてわたくしは
月に祈ったりしないわ
スープになった脳髄を
朝の初めに召し上がる


殺意に殺害
僕の振り下ろす祈り
誰もが恐怖する君
妄想で終わらない




「軽やかな殺後」