ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


ああ

薬局行きたいな。
薬局はどこにあるんだろう。


飛び出しました。
死にました。
飛び出さなけりゃ良かったのにね。
だけど今更後の祭。
ご冥福を祈ります。
そんな感じ。


助かった、と思ったらそうでもなかった。
嫌われてない、と思ったらそうでもなかった。


面白いことを言いたい。
シュールになりたい。
深みを目指したい。
感動させたい。
怖がらせたい。


僕だった。


寒い。
寒い、けれどそれは皮膚の感覚ですら。


詩書けるかな。
文章書けるかな。
もう繰り返しにはなりたくない。
人の心をつかめるようになりたい。
難しいかな。
難しいです。
落葉樹が目に映る。そればっか。そればっか。




けれど
見えずにいるのなら
駆け出してごらん
飛び出してごらん


落ちた先には何も無い
君もいないやそれにもう
彼らだって悔しそうにこっちを見てる


だけど泣いてしまうのね
いけないよって叫ぶのね
もう止められないと
たかをくくっているだけで


消えずにいることが
どれだけ尊いことなのか
今証明しよう


見つからないだけで
追いつかないだけで
仰ることも分かりません
さかさまに落ちていく
真ん中はいつだって喧嘩
後ろで二人は困った顔で


言葉を繋ぎ合わせれば
答えは見えてくるはずなのに




題して「味方がここにいる」です。
それでは。