ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


漕ぐ茂生で 慢渉を飼って 南下を挙げ 横線で残した 経る整枝で 指向に評して 了解を蟄し 転換を例した 捥ぐ孤棲で 勧奨を舞って 安化を投げ 能詮で興した 競る斃死で 罷工に証して 懲戒を律し 連関を訂した 「ウォント」

森の往診で 晏起を蒔いて 送球に擁し 約制で醒めた 兵の恋矢で 離礁に秘して 教化で潮し 天漢を験した 檻の盲信で 満忌を飽いて 要求に草し 作成で病めた 霊の片紙で 悲傷に利して 超過で狂し 堅艦を典した 「ジグゾー」

魔酔の箔で 宝剣を模して 桑弧で聾し 来襲を産した 着た任槐で 年少を献じて 円匙に敵し 遅緩を淫した 破水の幕で 猛犬を補して 狼虎で奏し 採集を濫した 似た禁戒で 健勝を念じて 転子に役し 遺憾を賃した 「注ぐ積層」

魁星の凪で 脳漿を込んで 蛹化で臆し 悪感を扼した 倫常の蜜で 名花を列して 鉄拳に接し 招請を着した 内声の鍵で 後章を祈んで 押下で浴し 約款を握した 民情の律で 霊歌を滅して 石鹸に徹し 調整を釈した 「挫く消尽」

愛嬢の幕で 孟夏に踊れば 予感に惚れ 剥取を妬いた 姓の励行で 猟期に請じて 欽羨を諜し 典侍を慶した 舞城の悪で 横禍に戻れば 補完に縒れ 扼守を吐いた 令の性交で 正忌に領じて 沈潜を狂し 賢治を呈した 「乱る余白」

刈る内耳で 脳幹に凝って 余恵を蘇し 昨宵を妬いた 沃る恥垢で 天機に怨じて 変遷に隷し 量子を必した 生る海自で 巷間に乗って 祖型を寄し 薬傷を割いた 散る遺稿で 冤鬼に轉じて 連戦に聘し 標紙を律した 「ガーデン」

煮た比重で 宝治に残って 盗汗に労し 隆起で貼じた 勝る安化で 猿猴を命じて 精子を慶し 開栓で察した 干た二十で 農時に誇って 老漢に党し 注記で領じた 漁る瞞過で 面向を詠じて 刑屍を制し 再戦で渇した 「仰ぐ荒波」

漏る督視で 胆汁に負けて 発会を約し 洋館に惚れた 染む威信で 縁家を詮じて 連亘に決し 挟持を諒した 摂る黙示で 饅頭に闌けて 訳解を泊し 砲艦に縒れた 忌む至心で 泉下を演じて 兼行に列し 療治を狂した 「慣る因子」

鳴く愛玩で 押下を残して 捕縄で縒れ 耶舎を食んだ 斬る四清で 制教を験して 礫器で訂し 朝鮮を律した 明く内含で 濃化を興して 余剰で惚れ 覇者を病んだ 痴る奇声で 景況を選して 敵旗で例し 稜線を蟄した 「ロバスト」

愛護の亀で 亢進を推せば 豚脂で模し 魔境を断った 似た貧生で 返照を念じて 精気を隷し 輪姦で賞した 悔悟の雨で 往診を濾せば 門歯で賭し 他郷を待った 干た仁清で 燃焼を変じて 霊鬼を制し 震撼で諒した 「綻ぶ脆弱」

凝る法眼で 胚子を介して 魔性を達し 投機で揉めた 似た医生で 援交を熱して 精華を隷し 量産で歯した 彫る荒原で 懐紙を拝して 多祥を抹し 猛気で泊めた 鋳た二世で 年功を閲して 冷夏を制し 消散で利した 「ギャザー」

役の博取で 芳信を縒れば 棹歌で漏れ 満稿を足した 絹の印章で 厭世を献じて 連関で制し 振起を領じた 箔の扼守で 痒疹を掘れば 猛火で採れ 探鉱を増した 犬の筋鞘で 顕性を演じて 専管で隷し 悋気を請じた 「賊の溺没」

神の戴冠で 投写を濾して 養生を則し 鑿開を遣った 未成の息で 英泉を命じて 併科を隷し 履行を秘した 民の回環で 厚謝を賭して 相乗を浴し 訳解を去った 異姓の幹で 名川を映じて 霊化を聘し 肥厚を利した 「イロニー」

計の名刺で 民選を期して 隆起で寵し 鉄橋に隷した 報時の空で 廃娼を挿して 薬価で握し 王権に縒れた 盟の屐子で 欽羨を魅して 注記で猟し 列強に挺した 総持の洞で 採証を破して 悪果で扼し 要件に折れた 「ドランク」

連想の兵で 百事を領して 稚蚕を任じ 年季を挺した 唆る恩誼で 圧巻を提げて 野菜を攪し 糊口を擁した 変相の例で 略字を評して 二三を鎮じ 転機を佞した 怖る存疑で 錯簡を挙げて 禍災を訳し 予行を校した 「逆る性情」

契る入校で 念紙を衒って 醴泉を銘し 民会を利した 感謝の箔で 舗装を鼓して 揚棄を則し 左券を遣った 握る中興で 転子を狙って 名川を隷し 鱗介を魅した 反射の格で 枯痩を干して 想起を浴し 野犬を去った 「生む落差」

透視の欲で 野犬を託して 満開を判じ 保蔵で揉めた 着た威光で 延期を決して 量産を歯し 精細で隷した 夭死の徳で 他券を訳して 半壊を慢じ 模造で褒めた 射た機構で 嫌忌を閲して 消散を利し 零砕で征した 「暴る結合」

内臓の髪で 好機に乗れば 創刊を吐し 対峙に察した 秘む慰藉で 延伸を経ても 立夏に魅し 名橋を列した 海象の波で 納期に凝れば 投函を蘇し 採餌に達した 忌む飛瀉で 変針を得ても 三日に利し 霊境を滅した 「ヴァニラ」

覚醒の葯で 洋妾に凝って 欧化に報じ 発船を握した 僚艦の質で 清会を隷して 全球を徹し 沈子で陣した 約制の膈で 降将に寄って 放過に応じ 斡旋を博した 商館の律で 霊界を制して 天穹を絶し 塵滓で賃した 「ピィアス」

診る朝餐で 提起を免じて 性交に謁し 陰事で歯した 泣く斑犀で 包涵に乗れて 厚誼を寄し 野草で攪した 散る妙算で 銘記を転じて 曳行に接し 神字で慰した 吐く軟材で 納棺に惚れて 容疑を濾し 架装で約した 「佇む分点」

佩く改善で 行使に報じて 汚習を寄し 薬種に開けた 領る知契で 鉄鋼に選して 名器で令し 離艦に魅した 書く配膳で 奉祀に高じて 余執で捺し 悪酒に妬けた 散る死刑で 拙稿に典して 霊鬼で瞑し 未刊に利した 「縞の幻惑」

細る創起で 殺菌を払って 野生を画し 穀倉に酔った 苗字の膣で 転校を銘して 連携を贅し 自信に領じた 唆る抛棄で 迫近を浚って 化成を訳し 浴槽に請った 弔辞の蜜で 綿亘を訂して 前傾を令し 離心に乗じた 「融く泥沼」

生く振起で 専心に謁して 片思を隷し 離床を秘した 護る回想で 校歌を沐して 盗泉を擁し 野性で貯めた 敷く印記で 延伸に接して 連詩を聘し 費消を利した 鴨る埋葬で 猛火を刻して 用箋を党し 他姓で辞めた 「痴人の術」

敵の旌旗で 子宮を貼じて 異性を律し 戻換で閲した 書く邁進で 模型を哭して 様相に惚れ 剥取に訳した 責の定期で 地球を請じて 理世を逸し 鋭感で列した 撒く会心で 孤閨を黙して 蓬窓に縒れ 扼守に泊した 「シェイク」

諸事情により。

また暫く作詩出来ません。 度々、申し訳無いです。 更新に以って再開をお知らせ致します。 ドウゾ宜しくお願いします。

愛護の亀で 交感に臆して 奉祀で寄し 野草を泊した 指教の律で 霊歌に接して 源泉で展じ 知性を吟じた 悔悟の飴で 往還に剋して 夭死で歩し 破窓を約した 離郷の質で 声価に列して 点線で現じ 犠牲を陳じた 「グレイヴ」

祈る未済で 免震を詠じて 契機に列し 離床で供した 集る砕鉱で 祖型を研いで 与件に惚れ 薄志で約した 実る委細で 遠心を命じて 霊鬼に結し 毀傷で諒した 逆る退行で 徒刑を削いで 保険に縒れ 扼死で博した 「セカンド」

抉る綿球で 未成を慰して 遅参で律し 礫器で撤した 食む訳解で 予習を掘って 酷使を蘇し 再現で刈った 巡る円丘で 為政を魅して 離散で蟄し 敵機で列した 病む発会で 補修を縒って 即死を濾し 改元で去った 「観る文明」

治る安化で 王将を残せば 酷使を擁し 薬缶で画した 百の密教で 銘記に偏して 潜心に徹し 中世で証した 呷る南下で 脳症を興せば 抑止を貢し 河漢で訳した 脈の畢竟で 併起に面して 転進に接し 終生で弔した 「誤る混信」

諸事情により。

今日から暫く作詩できません。 再開は更新を以ってお知らせ致します。 どうぞ宜しくお願いします。