ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


猫の天巧は 胎屎で生して 繁簡を抹し 名下に偏した 狼火を則し 試算で利して 絹の印紙は 温床に高じた 梃の年功は 内肢で足して 満干を発し 兵禍に面した 葬歌を勒し 離散で死して 犬の菌糸は 昏鐘に応じた 「個の不等」

胚子の味で 往還に惚れて 翼果を党し 多層で宿った 鍵の軟膏で 濃化に凝れば 妄信を則し 再思で蒔いた 哀詩の恥で 包涵に折れて 特科を擁し 野葬で辿った 凪の款項で 降下に乗れば 喪心を沐し 昧死で裂いた 「照準の靄」

能事の檻で 穢行に直れど 乱気で姦し 弧線を弄した 未墾の質で 性技を免じて 知情は必し 返詞を典した 往時の糊で 内項に煽れど 喚起で濫し 路銭を冦した 私恨の蜜で 名義を詮じて 非常は蟄し 天使を偏した 「触る空白」

明時を刑し 愧心を魅せど 膣の流儀は 連亘に徹した 洞の粗相で 再起に発せば 内含を洗い 奥旨で遺した 慶事を瞑し 未進を期せど 律の忠義は 覘考に列した 空の舗装で 拝跪に察せば 哀願を倣い 脳死で興した 「柩の傍役」

薄志の穴は 恩詔で誇れど 幼児を則し 左券を遣った 盟の経線で 矜持を魅して 抵抗に隷し 留止を寵した 悪詩の花は 本性で興れど 走時を浴し 野犬を去った 刑の名川で 苗字を期して 励行に挺し 忠死を猟した 「包む連鎖」

多項の幅で 蜂起を吐せば 汚染は酔い 扼守を編んだ 睡る験左は 休刊を任じて 心技を領し 連唱に接した 波高の束で 投棄を歩せば 予洗は追い 握取を病んだ 煙る年差は 入棺を禁じて 隣誼を証し 専焼に列した 「謎の逆流」

祭器の悪で 汚垢は底って 農科の富は 対捍を生した 乳腺を着て 犬歯で睡れば 兵の練修は 倫次で表した 噫気の柵で 素行は興って 当下の蚤は 内勘を足した 旧染を煮て 年矢で煙れば 霊の編集は 賓辞で了した 「括る冷淡」

反始を託し 東京を彫って 登る向自は 感染を生した 胃管の式は 撰糸を演じて 明窓を隷し 立志で魅した 短枝を博し 封境を摂って 毀る能治は 難戦を科した 死姦の息は 衍字を詮じて 礼奏を銘し 密旨で利した 「虎の道草」

薬餌の蟻は 御産を酔えど 底る濃厚で 南下し咲いた 銘菓に偏し 卑小を魅せば 朝刊の霧で 携持を挺した 悪事の槍は 余算を追えど 残る壮宏で 酸化し泣いた 兵禍に面し 未詳を秘せば 鏡鑑の塵で 提示を刑した 「朧気な泡」

寝る雪花に 神漿を任じて 荊冠は列し 理解を供した 波束の種は 闘心に報じて 恩幸の森で 毎事を開けた 競る熱火に 人称を進じて 戻換は結し 規戒を領した 多足の翅は 方針に搭じて 問拷の檻で 哀辞を負けた 「陥る所在」

胚子の痕で 桜唇に報じて 桃の棹歌は 淡交を蒔いた 芍の儀装は 現下を宣せど 嶮艱の贅で 尋思を期した 哀詩の鳩で 芳信に応じて 友の猛火は 満稿を綰いた 逆の詞藻は 戦禍を眩せど 前鑑の刑で 禁止を持した 「背く接着」

元の校紀で 感信を舞えば 太始を生し 農耕を富んだ 兵の憐情で 療治に表して 已還で歯し 青果を閲した 事の猛気で 慢心を飼えば 乃至を足し 登降を呑んだ 霊の変状で 標示に了して 死姦で慰し 英華を摂した 「蝕む因業」

完全な股で 苗字を着れば 里巷を表し 胚子は濫した 戦士に撤し 闘争を則せど 興る農時で 年限を演じた 漫然な型で 享持を診れば 飛蝗を領し 礼紙は叛した 天使に接し 葬送を督せど 遺る往事で 淵源を念じた 「至る運星」

剥取の味で 恩賞を歩せば 猛気で督し 短剣を待った 肉の愧心で 犬歯は睡れど 正行に列し 林檎を証した 握手の恥で 本性を捺せば 投企で沐し 満臉を発った 菊の二伸で 念紙は煙れど 霊交に接し 神語を了した 「独善の富」

富の農外は 内含で焚いて 麦酒を訳し 余饒を牧した 姫の志向で 制止を偏せば 軽震を隷し 理性を供した 蚤の当該は 対顔で鳴いて 薬種を縛し 慕情を浴した 〆の肥厚で 斃死を選せば 励振を刑し 季世を諒した 「相関の秤」

妊産を信じ 繊指で念じて 抉る名香は 密書を慰した 太虚の浜で 逢遭に投じて 要義を抗し 花冠を約した 心算を任じ 撚糸で詮じて 巡る栄光は 一緒を魅した 廃墟の弾で 騰走に報じて 巧偽を擁し 夜間を攪した 「喘ぐ羅列」

競る演奏は 因子を歯せど 流汗を寵し 鉄軌を隷した 漏る紅霞で 戒慎を護れば 班次に慣れ 脳弓は誇った 得る蝉噪は 神思を医せど 中巻を了し 礫器を訂した 凝る猛火で 邁進を鴨れば 難事に腫れ 蜂球は遺った 「リュクス」

満紙を通い 興進で萌えて 空の豊肌で 発向に際した 煮た印象で 縁書を念じて 転換に隷し 略字で徴した 換歯を迷い 妄信で超えて 洞の掻器で 錯交に配した 鋳た認証で 年所を演じて 連関に挺し 着時で了した 「収束の浪」

連亘の鉄で 知歯を律せど 着た入信で 粘性を献じた 脈の必携で 偏見を免じて 堰止の咳で 詞藻を逸した 転校の列で 利子を蟄せど 似た急進で 建制を念じた 百の密契で 瞑眩を変じて 戦死の駅で 位相を失した 「抱く消極」

名香の令で 量子を魅せば 憑信を敷き 正規を偏した 集る感気は 降鑑を投じて 剛志を度し 代償を駕した 冷光の盟で 妙詩を利せば 焦心を挽き 兵機を選した 罹る耽奇は 等閑を高じて 同死を伍し 外傷を堕した 「凶暴な凪」

生児は列し 離床を証せば 味覚の膣で 提琴を免じた 安全な核で 虎穴を臆せど 誇る脳橋は 難事を吐いた 令慈は接し 私消を諒せば 地格の蜜で 鳴禽を変じた 完善な悪で 瘀血を刻せど 遺る豊胸は 班次を泣いた 「マドンナ」

着た入校で 年季は煙れど 醴泉を訂し 椿事を療した 底る報時で 覇権を浚えば 応機を沐し 毎秋で圧した 似た救荒で 遣帰は睡れど 汀線を隷し 倫次を寵した 誇る送辞で 査検を祓えば 猛気を臆し 愛習で抹した 「沫の必然」

頌歌で表し 平産を撰せど 逓次の列で 流向を寵した 幕の外挿で 号旗を模せば 洞貫で剋し 感思を脱した 氷花で証し 清算を偏せど 例時の鉄で 忠孝を諒した 学の埋葬で 猛気を護せば 巷間で毒し 弾子を渇した 「鎧の烙印」

破線の役で 養価を彫れば 脳橋を富み 対自を生した 操作を混じ 回送で栄えど 慢気の蟻は 応験に黙した 野戦の箔で 放課を撚れば 東京を呑み 内事を足した 交差を損じ 洒掃で抱えど 晏起の毬は 妄見に臆した 「カップル」

感化の薪で 妄心を哭せど 往時に則し 細行を按じた 契る乳臭で 年歯を転じて 連関を聘し 秘庫を諒した 瞞過の垣で 孝信を目せど 送辞に臆し 愛幸を散じた 握る中秋で 天使を念じて 返還を例し 利己を表した 「類の刹那」

志尚の蜜で 面紗を詮じて 戻換を刑し 境地を律した 役の舶貨で 芳信を撚れば 祷祀で延び 内向を足した 未詳の質で 戦車を免じて 勁悍を隷し 陵遅を喫した 箔の薬禍で 葉針を彫れば 脳死で跳び 退校を生した 「惑乱の蕾」

闘争の桃は 慢気で達せど 与件を冦し 核子で妬けた 練思の兵で 飛泉を律せば 振起は医し 永劫を詮じた 妄想の友は 耽奇で抹せど 沽券を擁し 訳詩で駆けた 片志の霊で 利銭を必せば 印記は死し 正号を演じた 「タッチ」

乱交で幹し 校歌を弄せば 徒跣の欲で 野性を託した 私隙の評で 閉殻を選せど 映写を免じ 未設で慰した 緩行で濫し 狼火を冦せば 予洗の徳で 多世を扼した 悲劇の章で 性格を偏せど 鳴謝を演じ 医説で魅した 「残存の誤」

斑痕に濫し 牢記に報じて 能相の富は 単子を成した 讃詞の貝は 交結で草され 応機を模し 魔賊を開けた 乱婚に叛し 蜂起に老じて 刀槍の蚤は 南枝を足した 敢死の才は 送血で冦され 猛気を捺し 亜属を負けた 「狂い野菜」

悪詩の恥は 本稿で興って 校紀を擁し 躍進を噛んだ 競る佞姦は 任期で白めど 離床を供し 献詞を隷した 薄志の味は 恩幸で誇って 養気を冦し 革新を病んだ 寝る清閑は 心悸で睨めど 毀傷を諒し 練思を刑した 「渇く植物」