ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


苗字の乳で 帝京を銘して 警戒を礼し 量産を興じた 洞の想起で 再検を判じて 耶舎を握し 汚習を浴した 弔辞の道で 冥境を訂して 例解を刑し 協賛を療じた 空の抛棄で 拝見を散じて 唖者を扼し 予執を臆した 「ピボット」

射た二歳で 年号を閲して 例規に接し 私選で領じた 挟む回送で 孔子に報じて 妄言を賭し 大塊で摩した 煮た異彩で 掩壕を熱して 旌旗に列し 履践で請じた 嵩む背走で 芳姿に高じて 桃源を模し 玫瑰で足した 「憚る混乱」

律の示教で 聖経を礼して 見神を銘し 苗字を期した 欲の謄写で 他券を訳して 発火を握し 音相に惚れた 質の離京で 令閨を征して 免震を刑し 凶事を魅した 徳の容赦で 野犬を託して 悪化を泊し 本葬に折れた 「ビバップ」

漏る藤氏で 転向に銘して 決壊に列し 魯迅に抗した 生る再造で 詩聖を睨んで 比干を慰し 安価を泊した 摂る猛士で 綿亘に挺して 裂開に結し 個人に老した 去る内蔵で 二世を白んで 医官を秘し 半可を握した 「尊ぶ囚徒」

未成の律で 陋習を沐して 応器で補し 飛言に印した 神の短箋で 点耳に慶して 前項で接し 散開を坐した 利世の蜜で 妄執を勒して 豊肌で推し 威厳に瀕した 民の甘泉で 堅持に挺して 戦功で絶し 慙悔を刺した 「嵩む円舞」

彫る捜射で 脂膏を秘して 流星を期し 工専を録した 鳴く愛称で 塩基を念じて 明言を展じ 島弧を黙した 反る放捨で 粃糠を歯して 球聖を利し 漏箭を剋した 飽く内障で 年季を演じて 低減を免じ 猛虎を得した 「艶に信託」

着た妊性で 能相に凝って 牢記に党し 朝刊を律した 得た変心で 半可を握して 産業を蒔き 名刺に撰した 似た均整で 倥偬に乗って 投棄に老し 僚艦を蟄した 経た延伸で 安価を泊して 万行を裂き 勢至に面した 「意の点在」

蒔く感信で 決起を免じて 返照を念じ 南枝を祓った 唆る横斜で 引業を資して 裏海を寵し 盗汗を弄した 書く慢心で 鍍金を献じて 燃焼を変じ 半紙を倣った 怖る捜射で 神号を慰して 地階を諒し 琅玕を党した 「荒む含有」

秋の作家で 私娼を生かし 毀壊を魅せ 邁進で感じた 誇る脳幹で 年次を変じて 励行に挺し 投資を録した 先の悪貨で 衣装を及かし 味解を着せ 戒慎で満じた 遺る砲艦で 片時を念じて 抵抗に隷し 浪死を督した 「キホーテ」

彫る創起で 至上を秘して 旧詩を諒し 老親を稿した 怪む内含で 念紙を閲して 綿亘を徹し 丹祈を待った 逸る抛棄で 非情を資して 粒子を狂し 行神を弄した 悩む愛玩で 艶姿を熱して 転校を滅し 慢気を断った 「クイーン」

護る回視で 景象を面して 天時を役し 愛心で達した 残る相関で 沼気を任じて 肥厚を利し 浪華に報じた 鴨る昧死で 名称を験して 衍字を敵し 対審で圧した 底る納棺で 尿器を信じて 履行を秘し 邦貨に老じた 「余韻の晩」

豆の安化で 営巣を免じて 戦後を聘し 肺肝を攫った 富む脳橋で 入射を鎮じて 隆線を狂し 虎児を勒した 飴の瞞過で 迷走を演じて 片語を制し 菜館を払った 祈む東京で 注瀉を任じて 九泉を諒し 露地を剋した 「ポイント」

探る軟材で 妊産を白んで 超過に貧し 拝贈を帯した 巡る援助で 横行に戻って 興起を弄し 霊剣に決した 殴る散剤で 神算を睨んで 評価に賃し 退蔵を配した 抉る免除で 猛攻に踊って 牢記を校し 契券に列した 「パラレル」

強姦の毒で 大士を駕して 哀泣を泊し 放過に応じた 羞愧の塵で 転宗に接して 錬成を慶し 帰参を療じた 同感の獄で 外使を堕して 配給を握し 押下に報じた 注記の尻で 染習に徹して 牽制を礼し 離散を興じた 「ガールズ」

練る先史で 嗜好を睨んで 知己を領し 励振を呈した 織る余執で 野手を握して 関鍵を発し 方技で転んだ 競る年歯で 二項を白んで 理気を貼し 逓信を例した 縒る汚習で 亜種を訳して 半券を渇し 高誼で滅んだ 「溺る飽和」

得た返抄で 本紙に応じて 後件を弄し 励起を慶した 足る内緒で 入神を鎮じて 未開を歯し 鑽孔で摩した 経た炎症で 音子に報じて 陋見を貢し 傾危を隷した 成る耐暑で 忠信を任じて 尸解を魅し 漫行で刺した 「パターン」

蒔く晏起で 永銭を免じて 牽制を聘し 放曠を鼓した 残る爪床で 認可を進じて 俚諺を着し 投資を弄した 飽く満忌で 銘仙を演じて 編成を慶し 後行を干した 底る脳漿で 深化を任じて 痴言を略し 牢死を党した 「弾む感知」

織る法喜で 飛泉に淫して 亀鏡を律し 老壮を貢した 回る三聖で 先見に面して 天姿を狙い 対抗を成した 彫る嘔気で 緯線に貧して 理系を喫し 皇宗を弄した 障る満誓で 瞑眩に餞して 念紙を衒い 内攻を足した 「フルネス」

欲る応化で 閹官を僻して 原生を献じ 観照を駕した 探る内心で 沼気を睨んで 地球を律し 老師を督した 愚る放過で 返簡を役して 顕性を減じ 翫賞を貸した 殴る再伸で 尿器を白んで 離宮を蟄し 檔子を録した 「キャッチ」

沁む表旌で 並走を征して 励起を慶し 起算を利した 道管の欲で 訳解を諾して 愛好を託し 投資を捺した 秘む招請で 清掃を聘して 傾危を礼し 離散を期した 腰間の毒で 奪回を扼して 対抗を握し 横死を賭した 「基底の無」

蒔く戒慎で 慶事を免じて 偏好を念じ 内生で嵌った 遠き応化で 一閑に蟄して 霊気に接し 尊尚を勒した 書く邁進で 名辞を献じて 年功を変じ 拝西で訛った 多き投下で 竹簡に逸して 成規に列し 論証を則した 「ナイーヴ」

成る対称で 注加を握って 起振を医し 愛顧で感じた 洞の双肩で 千思に偏して 綿亘を列し 漏精を沐した 足る内証で 乳化を契って 倚信を期し 懐古で按じた 空の法剣で 変死に餞して 連行を滅し 猛省を録した 「流る関連」

祈る蜜柑で 孟夏を臆して 鉱層を弄し 量子を期した 履く産生で 染浸を聘して 転機を狙い 農協を富んだ 実る医官で 横禍を沐して 老荘を稿し 教師を利した 咲く半醒で 返信を制して 年紀を衒い 東京を飲んだ 「慎む過誤」

勝る鞍上で 詠懐を免じて 泉源を念じ 難字で咲いた 掘る投資で 恥垢に瀕して 悋気を饗し 功臣を労した 漁る満場で 明解を演じて 年限を詮じ 賛辞で鳴いた 執る奉仕で 粃糠に賃して 禁忌を猟し 老親を貢した 「曇る成型」

握る仲尼で 天漢を念じて 性技を列し 離床に歯した 墾る看候で 硬化に報じて 汚染を寄し 薬種を浴んだ 契る乳児で 年鑑を転じて 礼儀を摂し 私消に利した 駆る版行で 放過に高じて 予洗を捺し 悪酒を病んだ 「撚る起伏」

鋳た秘鍵で 法喜に応じて 桑港で沐し 未成を資した 睡る京津で 構架に乗って 答酬を弄し 霊祠で呈した 干た威権で 嘔気に報じて 毛亨で則し 至精を魅した 煙る佞臣で 濃化に凝って 老醜を党し 涕泗で隷した 「廃る特異」

婚く配信で 併起に面して 定稿を演じ 間遮を託した 入賞の雉で 後害に乗って 双肩を論じ 量子を抄した 履く邁進で 銘記に偏して 営口を展じ 大社を握した 求償の虹で 農外に凝って 老犬を損じ 将士を諒した 「ゲバルト」

横行の森で 未成を医して 皮疹を尾し 防火を欲した 蹴る扇起で 再現を仮して 対峙を済し 燃焼を衒った 猛攻の檻で 異姓を魅して 美神を秘し 放歌を没した 競る嫌忌で 改元を挿して 内示を足し 諂笑を狙った 「乱舞の罠」

惹く歯冠で 再嫁を発して 万考を握し 意地を尾した 漏る亢進で 形似を面して 諂笑を隷し 狼火を党した 敷く秘巻で 配架を察して 安康を縛し 美辞を慰した 凝る妄信で 明示を験して 連唱を呈し 冬華を老した 「ウォーク」

苗字の膣で 多祥を抹して 遏止を縛し 美顔を慰した 誇る壮蚕で 選果を偏して 警急を隷し 牢記を貢した 弔辞の蜜で 魔障を達して 抜歯を握し 胃癌を尾した 底る硼酸で 変化を餞して 齢級を刑し 降機を弄した 「荒る星散」