ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


契る入射で 年功を転じて 恋矢を制し 私見を理した 愛顧の蟹で 訌争を応じて 蜂起を寄し 役銭を泊した 握る駐車で 天幸を念じて 栓子を隷し 利権を死した 懐古の兄で 往相を高じて 揚棄を歩し 白扇を扼した 「ターンヌ」

澱の門歯で 名草を演じて 青旗に列し 老漢を草した 煮た秘記で 廃興を生して 体脂に渇し 共産を貼じた 森の恩師で 泳層を免じて 礼器に接し 相観を弄した 干た二気で 内向を破して 海市に達し 逃散を興じた 「ブゥギィ」

膜の暗鬼で 横行を燃して 要旨で干し 白線を約した 列の契券で 猟奇に供して 焦燥を諜し 展翅に接した 悪の慢気で 猛攻を押して 芳志で寄し 薬箋を泊した 決の霊剣で 強起に諒して 朝宗を誦し 戦死に徹した 「ラァシュ」

煙る熱汗で 難所を貸して 暗香を作し 精子を閲した 掘る猛襲で 巫女を秘して 林泉を蟄し 騰貴を録した 睡る血管で 甘薯を済して 三后を握し 英姿を摂した 漏る報讐で 小舌を魅して 賃銭を律し 牢記を督した 「フリーリ」

利く緯線で 哀訴を会して 内争を注し 修史を睨んだ 盟の併起で 丕顕を魅せて 朝家を諒し 励行を呈した 生く汽船で 改組を愛して 再葬を済し 入市を白んだ 弊の明記で 未見を秘せて 燎火を弔し 低降を隷した 「プラァプ」

底の陽貨で 野禽を作して 哀詩で佩し 逢遭を織った 教祖の肉で 佞臣を蹴って 礫器に呈し 中耕を略した 横の総嫁で 砂金を扼して 稗史で愛し 押送を彫った 尿素の菊で 傾心を練って 鉄軌に隷し 流行を着した 「ロォース」

格の役僧で 溶化を貢して 妄信を督し 丹祈を満じた 睨む就社で 仙禽を念じて 程子を隷し 流向を諜した 厄の角層で 降嫁を擁して 登進を沐し 慢気を嘆じた 白む入射で 粘菌を詮じて 麗姿を挺し 昼光を猟した 「シードゥ」

膣の妙機で 迷走を転じて 連詩を聘し 必見を利した 網の懐紙で 婚媾を応じて 送気を寄し 野選を作した 蜜の朝暉で 廷争を免じて 偏私を隷し 立憲を比した 神の哀史で 恩降を高じて 揚棄を蘇し 左旋を扼した 「マァドゥ」

欲の奥旨で 悪銭を約して 再帰を帯し 投光を奏した 脈の強権で 傾危を召して 兵争を隷し 李詩を評した 億の容止で 薬箋を握して 堆起を賽し 走行を党した 客の冥譴で 銘記を消して 霊操を聘し 悲史を猟した 「サラドゥ」

列の頸筋で 錦鶏に利して 珍肴を淫し 悦喜に適した 妬く白紙で 舗装を寄して 蘇生に目し 邁進を察した 決の霊菌で 鱗茎に騎して 印香を賃し 摘記に役した 刷く鑰匙で 舁送を補して 模製に則し 再審を抹した 「カァヴァ」

吐く昧死で 綿亘に偏して 稔性に挺し 帯剣を生した 印記の肝で 好戦に応じて 草径を論じ 輪相を釈した 巻く排紙で 変更に面して 点睛に佞し 内見を足した 禁忌の芋で 鶯遷に高じて 老兄を損じ 新粧を略した 「ハードゥ」

愛校の種で 闘志を押して 創見を擁し 扼守を作した 併科の令で 猟装を評して 眠期を規し 罫線を瞑した 体交の姉で 奥旨を賭して 用件を草し 搾取を訳した 霊化の弊で 表層を諒して 金気を魅し 銘仙を慶した 「マィアル」

書く慢行で 盲射を鼓して 要件を党し 卓子を約した 令の兵争で 秘記を利して 私選を慰し 煙火を摂した 蒔く感光で 厚謝を模して 闘拳を擁し 薬師を託した 弊の礼奏で 理気を比して 移染を死し 泉下を閲した 「フェィト」

膣の冥譴で 名機を点じて 連奏を聘し 標紙を理した 亀の愛器で 横行を講じて 要旨を吐し 多占を約した 蜜の朝憲で 帝畿を免じて 返送を隷し 遼史を秘した 雨の会記で 後攻を応じて 唐詩を寄し 夜戦を託した 「レィアル」

列の転向で 寵姫を略して 味煎を慰し 英詩を命じた 刈る細検で 祖忌を混じて 蜂巣を寄し 鑰匙を博した 鉄の連亘で 涼気を着して 医専を魅し 名詞を詠じた 去る改憲で 古希を損じて 葉層を歩し 白紙を訳した 「トゥリプ」

契る入神で 年期を挺して 霊操を聘し 飛花を理した 昧死の猿で 測候を模して 高祖を浴し 野禽を画した 握る忠信で 転機を佞して 兵争を隷し 李下を秘した 再思の丸で 目耕を蘇して 沃素を剋し 瑕瑾を約した 「ニュード」

犬の吉慶で 航走を推して 騰貴に労し 硫酸を蟄した 探る内官で 念死を制して 綿亘に偏し 半生を摩した 絹の一計で 押送を濾して 牢記に党し 昼餐を律した 殴る彩管で 専恣を佞して 変更に面し 慢性を派した 「メェィズ」

肩の乃祖で 粘菌を啓して 堰止に僻し 配向を握した 捥ぐ送信で 新妓を魅して 賃走に律し 牢記を党した 鉈の絵素で 乾金を佞して 変死に役し 愛校を泊した 削ぐ猛進で 民戸を資して 林葬に蟄し 投棄を聾した 「アラィン」

鉄の恋矢で 理想に蟄して 倚藉を資し 省親に謁した 残る放過で 廃興を生して 管窺に抹し 猛禽を鼓した 列の天使で 地相に律して 試射を慰し 詠進に接した 誇る濃化で 内攻を破して 慢気に喝し 甲金を模した 「フラシュ」

織る豊歳で 飛泉を慰して 知己に律し 露光を党した 生る快走で 県史を佞して 先見に面し 満開を注した 彫る横災で 医専を非して 理気に蟄し 渡航を聾した 刈る内装で 年始を刑して 瞑眩に餞し 散灰を摩した 「スレドゥ」

競る佞者で 軟禁を注して 暗視を配し 閉講を役した 漏る交信で 槿花を魅して 賃走を猟し 牢記を督した 練る勢車で 参覲を済して 半死を愛し 曳航を僻した 凝る猛進で 民家を規して 林葬を評し 投棄を録した 「ケェアル」

実る陰晴で 演奏を巡って 励起を聘し 秘鍵を理した 凝る得選で 単子を変えて 夜行を作し 祖型を寄した 祈る民生で 面争を抉って 併記を隷し 利権を非した 摂る国宣で 官私を耐えて 鎖港を約し 余慶を蘇した 「クラシュ」

鋳た皮筋で 豊歳を織って 紅藻を論じ 流期を吃した 訛る蛋黄で 転子を狙って 生饌を免じ 満懐を察した 干た遺金で 横災を彫って 緑袗を混じ 旧規を律した 堪る軟膏で 念紙を衒って 銘仙を詮じ 三戒を抹した 「プゥシィ」

織る本懐で 配向を洗って 拓士を扼し 余震を党した 競る燃犀で 尼僧を白んで 涼気を吃し 頸筋を令した 彫る音階で 愛校を払って 鑰匙を託し 都心を擁した 練る剪裁で 詩草を睨んで 凶器を律し 礼金を敬した 「ディファ」

惚ぐ妄想で 免租に偏して 連戦で接し 操持を弄した 握る知己で 単行を生して 換価で愛し 遺賢に喫した 捥ぐ包装で 編組に面して 専占で列し 漏示を草した 契る二気で 難航を足して 安化で介し 喜見に逸した 「ホォゥル」

再思の膜で 迷走に餞して 年期に呈し 胆管を生した 澱の放校で 悲喜を慰して 帰参に諒し 労使に剋した 昧死の索で 盛粧に面して 転機に佞し 難関を足した 堀の横行で 異気を比して 離散に狂し 港市に録した 「アィヴィ」

敷く一騎で 援交を摂して 連呼を慶し 気圏を猟した 謫仙の葯で 沃素を党して 妄想を歩し 廃弛を抹した 生く漆器で 潜幸を閲して 眷顧を隷し 理研を狂した 薬箋の卓で 刀俎を擁して 包装を模し 昧死を発した 「ヴアリィ」

相仕の波で 年縞を演じて 生起に面し 邁進を察した 悲喜の肝で 枯痩を報じて 老子に党し 遅筋を律した 内資の網で 遠郊を念じて 明記に餞し 砕心を抹した 鬼気の紐で 舗装を講じて 陶歯に聾し 利金を蟄した 「メルトゥ」

当帰の欲で 野犬に託して 握手で敗し 逢遭を推した 似た休戦で 繭糸を佞して 性交に列し 両虎で証した 容器の徳で 他券に約して 剝取で愛し 押送を歩した 着た入選で 念紙を啓して 励行に接し 鐘鼓で猟した 「フラドゥ」

弊の生禽で 沼気を評して 帰向を律し 隷下を結した 空く昧者で 猛進を押して 陽子を賭し 多層を約した 姓の屏禁で 標旗を誦して 履行を吃し 軽舸を列した 巻く間遮で 往診を模して 当市を寄し 野葬を託した 「ドゥレス」