ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


機械の神殿は 裏庭で稼動し 迷惑な哲理に 本物を燈した 聖典を研磨し 鉄が隠蔽する 悪魔の装置に 欲望は肥った 葉虫の宵町は 心臓で輪廻し 端整な盲唖に 蔓延を宿した 唯識を悲哀し 華が散漫する 死滅の遠路に 嘆息は実った 「切なる文明」

鯨の寝息で 滅亡した庭 静謐な風が 形骸を辿る 悪夢の門は 深く悩殺し 空しい生を 最適に嬲る 燕の死闘で 成立した神 健全な虹が 法則を縋る 認知の橋は 永く延命し 等しい罪を 乱暴に炙る 「因果日和」

怪物は注視し 恋文を怖れた 平穏な奈落で 聖く消耗した 醜い不等号が 野花に宿って 稔性の砲列を 独善で命じた 遊星は修理し 雨音を忘れた 精確な機関で 慧く調律した 儚い無神論が 末路に睡って 巧説の心霊を 暴悪で変じた 「ミッシング」

知の骨折に 剃刀が澄む 淡い博愛は 死肉を削る 弱虫な息が 苦く演壇し 連鎖の病を 沈痛に量る 個の密告に 霊性が透く 若い賛嘆は 明視を護る 繊細な夜が 深く融合し 孤独の鏡を 淫奔に殴る 「落伍の生傷」

脳天が痺れた 貴い夏だった 完璧な科白は 熱学を宿した 絵葉書の灰は 星空に離散し 冷たい名前を 裡で否決した 感性が暴れた 幼い翅だった 深刻な亀裂は 健羨を遺した 真理値の波は 認識に和合し 睡たい無間を 夢で浪費した 「ホルマリン」

連奏の舌を 聖く庇護し 痛覚に縋る 粉微塵な花 熱が転生し 弱音の難壁 勇敢な街に 滅亡を祈る 天国の髪を 永く慰撫し 薫香に過る 不幸癖な露 夢が礼讃し 毛布の告白 静謐な息に 存在を渉る 「ファンタム」

失恋を誇揚し 愛惜する明喩 追憶の花園で 永く諦視する 哀しい吐息が 肌に交霊する 老犬は黙して 無を難詰する 眠剤を制覇し 衰耗する名残 寝室の谷底で 弱く遺存する 正しい論理が 風に敗散する 星空は奏して 非を混在する 「砕片の君」

幼稚な恋文 玉水も無く 倫理の錆が 心機を模る 戒禁の灰は 教室で散り 若い利敵に 夢想が嬲る 素敵な悪口 夕凪も善く 墜死の虹が 闇路を彩る 定説の空は 屋上で降り 甘い痛苦に 螺旋が過る 「罰の浄福」

真理の歌姫は 破滅を予知し 苦しい肯定で 形而下に佇む 不愉快な星が 末路に敗北し 炸裂した闇は 変遷を宿した 聾唖の台風は 悪夢を世話し 空しい怨恨で 疑問符に俯く 無差別な神が 奇蹟に哀憐し 追想した骨は 冒涜を遺した 「歪む慈悲」

裏腹な夜が 夢を拒絶し 花の陽炎は 無口に悼む 死兵は熱り 実で歪曲し 骸の背理に 敬虔を護る 硬骨な雨が 嘘を治療し 空の諦念は 不敵に嘆く 譚詩は翳り 個で終演し 獣の嗚咽に 役割を悟る 「ホーリィ」

感嘆符の詩が 眼鏡を琢磨し 螺旋する苦は 脳髄に篭った 辛辣な発作が 懇望に反問し 悲劇の輪廻を 弱く認諾する 黄金比の理が 財布を枯渇し 模倣する魔は 暗澹に宿った 凛然な結果が 大罪に生育し 敵視の名残を 深く引責する 「ポルカ」

燕の離別は 健気な摂理 流転する夢 正しい悪癖 聖い不逞が 大空に乗り 時の形見を 巧説してる 菫の色香は 繊美な懸想 秘匿する庭 淋しい追伸 永い無心が 溜息に散り 恋の末路を 抱擁してる 「野生の舞曲」

素顔の深怨は 不義理な憐惜 遺伝に敗訴し 片想いを葬る 光軸を殴れど 鮮血は哀しく 複成の景色が 瞳を黙視する 白痴の名徳は 無意味な恩恵 惨話に依存し 皆殺しを誑る 論難を炙れど 乱暴は空しく 結末の弱音が 命を汚涜する 「業因の凶器」

綺麗な夢が 残存する朝 眩しい径を 転回し往く 花は克己し 切望が実る 苦心の蔭で 恩顧を悟る 素直な嘘が 伝達する闇 均しい翅を 感応し詠む 蜜は嫉妬し 大罪が奔る 諦視の傍で 正理を削る 「観念の旅」

粗筋に恋して 深く嘆息した 必然な火熱は 顕在を祀った 記号が連接し 盲愛を宿せば 楽読の若芽に 空は翻転した 星陰に託して 薄く昏睡した 横暴な夜露は 追憶を捜った 智見が損耗し 難役を遺せど 真実の論理に 霊は哀惜した 「主題の芯」

英雄は猛る 古き怨敵に 運命が創る 冷酷な理を 死憤する肉 愚かな憐愛 不滅の歓喜 物語は熱る 花嫁は踊る 聖き福音に 深層が祈る 貞烈な美を 加速する星 静かな損耗 奇蹟の秘密 恋心は黙る 「遠き小指」

哲学の唄声は 脳裡で共鳴し 神経痛を辿る 雨に敗北して 露骨な非望は 感性を指揮し 偽物が誇った 遥遠の正論理 存在の熱演は 戦地で反響し 完全癖を護る 月に訣別して 危険な告諭は 憂欝を拉致し 変型が縋った 冥福の暗黙知 「天空の懐」

透明な花は 暗く泣いて 詩人の裡に 哀訴を刻む 霊魂に宿る 被曝した無 深い尊崇を 悪魔が食む 喧騒な月は 弱く笑んで 家畜の夢に 哲理を招く 法則に迫る 依存した個 甘い嘆声を 天使が吐く 「ライ」

核兵器は睡る 平熱の憂世で 安息が流れる 箱庭を仮想し 太陽が降下し 煮えた畜肉に 夜を渇望して 騒霊となる肌 否定形は祈る 密造の詩作で 確言が薄れる 滅裂を暗喩し 真説が非斥し 褪せた神様に 罪を崇拝して 乱人となる喉 「スロウリイ」

屍は風化し 静物を踊る 睡い読点が 連続し散る 花束の色は 苦い悲劇で 耽美な嘘を 追懐に刻む 魂は混和し 様相を悟る 細い旋律が 永存し降る 楽園の夢は 遠い霊雨で 暗愚な闇を 喪失に招く 「シエスタ」

正しい乞食は 天幸が壊死し 星空の参列も 無性格に忌む 野心の名残が 不審火で煙る 時は認知して 破滅を磨いた 哀しい聖徒は 首枷が麻痺し 輪姦の痛惜も 讃美的に好く 依存の腐骨が 論理語で奔る 雨は保続して 黙示を睨んだ 「カドリール」

嘘が失踪し 恋仲は亡び 箱舟の闇で 泪を還した 花も睡って 不実の遺薫 約束だけが 存在を編む 罪が欠損し 英雄は騒ぎ 戦域の裏で 柩を点した 空も渉って 無言の季節 運命だけが 乱数を蒔く 「悪の寵愛」

捕虜は祈った 運命の太陽を 安穏な真理が 清福に肥れと 多元性の闇は 心機を相姦し 歪曲した唄に 追想が触った 夜叉は辿った 罪代の色艶を 丁寧な夢幻が 明哲に過れと 遺失物の骨は 無欲を盲愛し 乱調した月に 欝念が廻った 「窒息構造」

鶏が護った 心髄の狂気 精肉を祟り 難文になる 活路は暗く 血も熱泪し 盲信の闇が 吐息を削る 妹が踊った 閉塞の宇宙 初恋を啜り 貝殻になる 悲愴は深く 根も滅絶し 偽物の景が 目蓋を奔る 「高級な生」

枷は喧嘩して 審美眼を否む 禁忌な夜景に 夏が棲息する 迷路の温覚が 論過で腐った 予言に暴圧し 役目を罵った 罪は寝坊して 夢想癖を磨く 偉大な詩篇に 嘘が混血する 指環の存在が 脳裡で点った 正路に独奏し 懐古を葬った 「ラプソディ」

神は家出し 憂世を観る 除者の雨が 死産する舟 不滅の恋が 輪姦された 哀訴に嘆き 末路を燈す 贄は翻字し 多幸を知る 恍惚の翅が 開花する檻 恩顧の夏が 献呈された 胚子に刻み 連鎖を宿す 「遥か生誕」

裡を欲張って 才識に肥れば 箱庭の口実が 雫と離反する 遮断した知が 感応で崩れて 多くの数理を 怠惰に渉った 宵を裏切って 満月に縋れば 静観の痛覚が 焔と交叉する 拒絶した眼が 恩愛で潰れて 近くの寝息を 一途に護った 「パンドラ」

熱望の蔓は 僕を呪って 悪い支配に 感悦させる 沈黙する肌 絶類の器官 啜りし波は 意思を蝕む 聖戦の雨は 君を犯して 苦い平和に 賛同させる 結実する凪 捏造の心理 誇りし翅は 不知を貫く 「鎖の対照区」

濡れた右眼は 殺人鬼の名残 微笑む日蔭に 弱く抵抗する 淋しい死罪が 血道を廻って 切実な告白に 恐怖する徒花 揺れた寝癖は 愛煙家の諦視 嘘泣く落字に 永く憐憫する 眩しい苦悶が 脳裡を縋って 猛毒な静謐に 唱和する星空 「サグラダ」

乱暴な街に 彩色する嘘 難戦の罪を 偏愛し誇る 絵具の汗は 貞潔に弱く 模った恋が 離隔を辿る 有限な庭に 共鳴する翅 泡沫の夜を 征服し護る 葉風の声は 盲信に聖く 囀った悪が 懸想を踊る 「変転の景」