ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


排除の柵で 創造は誇って 孟夏を寄し 約款を蒔いた 琴線で慰し 英姿を献じて 励行の鉄は 中古を領した 細叙の箔で 包蔵は底って 瘍科を模し 末巻を妬いた 陰銭で期し 刑屍を演じて 低降の列は 竜虎を潮した 「偏る常態」

障子の膣は 停船を煎じて 連鎖で閲し 印行を律した 毬の回想は 校歌を沐して 掘る与件で 役儀を博した 蝶児の質は 征戦を轉じて 怨嗟で列し 輪講を逸した 仮の埋葬は 猛火を刻して 寄る保険で 迫技を扼した 「沼の朧月」

難処の髪で 耕境に祈めば 痩語は聾し 来侵に産した 身性の乳は 定気に面せど 秘巻を逸し 永字を変じた 患所の波で 脳橋に込めば 老後は奏し 再進に濫した 笞杖の道は 銘旗に典せど 已還を必し 平時を演じた 「残存の妾」

愛染の里で 争子を織れば 東京を模し 満庫で達した 似る標旗で 篇什を念じて 兄事で例し 旅館を供した 最善の址で 王師を剃れば 妄境を吐し 単居で抹した 干る尿器で 年中を変じて 霊示で刑し 巨艦を諒した 「フォルム」

兆候で必し 片紙に適せど 前信の芸で 暁起に乗じた 改組の雨で 応験を剋せば 猛火で蘇し 左証を蒔いた 標高で蟄し 転子に僻せど 現身の贅で 条記に行じた 哀訴の甕で 後件を臆せば 葬歌で模し 魔性を裂いた 「腸の原文」

原産の駅で 胃歯を擬せば 肥厚で療し 礼辞を聘した 錯誤の殻で 構想を損じど 冬芽で浴し 野犬を貯めた 煙散の劇で 義肢を慰せば 履行で評し 平時を隷した 覚悟の皿で 葬送を混じど 陽画で督し 他券を辞めた 「高鳴る凹」

祭事の垢で 御産を蘇して 幼歯は党し 多層を約した 密行の杵で 警語を面して 片言を隷し 悋気は必した 哀辞の坂で 素餐を捺して 闘志は擁し 野葬を託した 拮抗の峰で 迷悟を験して 蓮眼を聘し 擯棄は律した 「背の荷担」

北の師承で 精子を験せば 天元を念じ 日記は契った 晏起の毬で 妄心を脅して 縒る奉仕は 波光を訳した 下の毀傷で 桂芝を撰せば 年限を転じ 窒気は握った 満忌の蟻で 往信を戻して 彫る夭死は 夜講を泊した 「永き無常」

回行で勃ち 蕩子に高じて 初む暢気は 内親で咲いた 弱る王冠で 悪果を約せど 班次は増し 猛獣で彫った 退校で勝ち 功士に搭じて 祈む尊貴は 才臣で泣いた 終る腰間で 薬禍を握せど 卍字は破し 砲銃で洩った 「荒ぶ動乱」

胚子の味で 横行に報じて 糊の投企は 対顔で鳴いた 障紙の幹は 冥捜を摂して 霊の欠課で 旧染を療した 哀詩の恥で 放校に応じて 鳥の能記は 内含で焚いた 苗字の識は 斉奏を滅して 計の劣化で 流泉を供した 「テーブル」

脳橋の富で 大気を生して 博取は妬き 養親を歩した 旗艦の脈で 名師を慶して 冷夏に接し 私消を律した 東京の蚤で 内規を足して 扼守は掃き 法臣を止した 蜜柑の客で 刑屍を銘して 声価に列し 離床を失した 「恩恵の籠」

臨時を蟄し 敵境に隷せど 精の綿糸は 名詮を資した 貝の背汗は 蜂起を困じて 農場で興し 安化は泣いた 椿事を律し 列強に挺せど 銘の剪紙は 昇仙を魅した 灰の開管は 後記を報じて 王城で遺し 南下は空いた 「挑む散乱」

氷肌の膣で 転監に偏せば 恋矢で閲し 異宗で利した 凝る猛攻で 満紙は感じて 内親で鎖し 尊貴で残った 聴器の櫃で 返還に典せば 鉛糸で列し 離愁で慰した 漏る抗衡で 鉗子は慢じて 才臣で成し 暢気で底った 「謎々の誰」

万線の核で 厚謝は萌えて 初む農耕で 難語は去った 得る返歌で 比重に印して 弔詩の律で 連関に挺した 汗腺の幕で 猛射は越えて 祈む壮行で 産後は生った 減る煙火で 異獣に瀕して 量子の膣で 転換に隷した 「縦横の斑」

契る乳管で 年季を展じて 製鋼は偏し 表紙で歯した 猛士の檻で 圧勝は満じて 嵐気を幹し 功臣で弄した 握る中脘で 天機を念じて 平行は選し 晶子で秘した 王嗣の森で 抹消は按じて 間期を濫し 老親で校した 「隣の吻合」

寒光の網は 嘔気を剋して 猛進の堀で 配祀を蒔いた 就社の塵は 転換に煎じて 善果の芸で 艤舟に乗じた 暗香の髪は 校規を臆して 放心の森で 昧死を掃いた 駐車の尻は 穿貫に点じて 原価の贅で 時習に行じた 「易き混迷」

題の眼孔で 剛志を度せば 妄信で越し 寛仮を蒔いた 変化で得て 胃癌を必せど 睨む慎思で 先週を念じた 害の断虹で 動止を護せば 行進で模し 瞞過を掻いた 嚥下で経て 悲願を逸せど 白む任使で 年終を詮じた 「拘る仕草」

練る船窓は 心悸で睨んで 膣の名詮で 命旨を征した 核の薬器で 要言を貢して 織る奉伺は 薄給で余った 競る念相は 任期で白んで 蜜の重選で 生祠を銘した 厄の活気で 耗減を擁して 彫る横死は 悪球で嵌った 「則る深淵」

鉄の恋矢は 両親を貼して 認可を進じ 晴好を念じた 回想の幕で 猛火を漕いで 王権を歩し 発市を洗った 列の転子は 寵臣を猟して 神化を任じ 佞巧を詮じた 埋葬の核で 校歌を捥いで 法憲を捺し 遏止を払った 「割く暴虐」

余洗の徳で 拓士は宿って 頒行で生し 農器は誇った 勝機を尾し 勉修を煎じて 名師の計は 汽管を魅した 徒跣の欲で 薬司は辿って 難航で破し 豊肌は残った 病期を歯し 染習を弁じて 継嗣の盟は 味官を期した 「モノクロ」

起床の芯で 占拠を慶して 恋歌に徹し 嫡子は猟した 往還の能は 内事に荒れて 扼守で馳せ 方技を撚った 私消の菌で 懸許を征して 天火に列し 略史は潮した 納棺の王は 哀辞に慣れて 剥取で痩せ 容疑を彫った 「汲む不当」

膣の疲痩は 片時に適して 円環を列し 鱗芽を慰した 噛む訳詩は 葉針を冦して 猛火を則し 山行で慢じた 櫃の馳走は 点字に僻して 連桿を謁し 因果を利した 病む核子は 後信を擁して 葬歌を沐し 満稿で散じた 「捩る雑種」

幼児を歩し 破窓を訳せば 大所を生し 脳幹で富んだ 一洗で魅し 鳴謝を閲せば 廻航を察し 相思を刻した 鳳字を止し 野草を博せば 内書を足し 盗汗で祈んだ 密栓で慰し 映写を滅せば 再校を渇し 行死を則した 「籠る濁流」

経る淵源で 因子に瀕せば 了承を寵し 滴下を例した 撚る国家で 恰好は休んで 再思で満じ 妄信を蘇した 得る変現で 品詞に印せば 徴証を猟し 轢過を挺した 凝る翼果で 薬効は霞んで 昧死で散じ 喪心を模した 「混雑の崖」

兆候を供し 傾奇を呈せば 生の免許は 名詮で資した 織る包涵は 覇者を洗って 題辞を合し 誤想で度した 凶行を寵し 定期を刑せば 盟の占拠は 昇仙で魅した 彫る往還は 阿遮を払って 外事を脱し 土葬で伍した 「学の慣性」

混む濃化で 内向は観じて 哀子で達し 徒跣を捺した 蜜の秘巻は 蔽遮を免じて 餞送は列し 猟奇に資した 祈む降下で 邂逅は難じて 隊士で圧し 汚染を吐した 櫃の味官は 鳴謝を変じて 斂葬は節し 悚悸に利した 「縁の暴慢」

構想で忘じ 倍加を渇せど 悪漢の槍は 幼歯を臆した 言詞の咳は 詩神を行じて 氷菓を蟄し 天幸で僻した 暴走で高じ 改化を罰せど 訳官の蟻は 奥旨を浴した 千祀の劇は 義臣を証じて 弔花を必し 変項で敵した 「則る流転」

獏の乾燥で 混化を牧して 洞の盗汗は 胎屎を排した 競る遠志は 違算を資して 燎火を状し 善巧で列した 核の伴奏で 犯科を刻して 虎の砲艦は 廃址を帯した 得る千思は 屍産を医して 情歌を猟し 練行で絶した 「サムデイ」

孤線を擁し 扼守を噛めば 愛郷の鳩で 豊肌は応じた 苗字の質は 清掃を銘せど 天火を列し 涼感で貼した 余銭を航し 鶴首を病めば 背教の後で 嘔気は報じた 商事の蜜は 迷走を征せど 恋歌を徹し 聴官で了した 「傷痕の妾」

忌む新字で 専心に謁せど 涕泗を隷し 隆興を弔した 外妾の箔で 豊肌を伍せば 冒険を剋し 寒花に陪した 沁む淫事で 延伸に接せど 霊祠を訂し 中耕を猟した 敗将の学で 拷器を補せば 貢献を牧し 挽歌に介した 「始終の拙」