ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


惚る猛虎で 綿亘を聘して 列の篆字で 逃竄を弄した 着た異常で 愛護を擤んで 生る再検で 四始を睨んだ 漏る宝庫で 変更を瞑して 鉄の連辞で 籠山を党した 射た気丈で 悔悟を編んで 去る内見で 二至を白んだ 「ホォゥプ」

祝く往還で 愛河を早めて 内向を足し 投下し乗った 苗字の尺で 清掃し銘して 経伺を列し 量産を狂した 措く包涵で 胚芽を殺めて 退行を成し 濃化し執った 正士の脈で 迷走し征して 霊祀を結し 胸算を領した 「サァーチ」

開業の汗で 遺矢を期して 眉間に比し 破水を摩した 残る爽浄で 先回を佞して 汀線を列し 牢記で督した 愛楽の枷で 起死を医して 秘鍵に魅し 魔酔を派した 底る濃情で 年戒を制して 礼銭を徹し 騰貴で録した 「チェイン」

泣く耐性で 天金を狙って 騙詐を得て 愛好を払った 扱ぐ妄想で 味解を期して 留心を釈し 蒼枯を聾した 綰く内生で 粘菌を衒って 怨嗟を経て 廃興を洗った 捥ぐ抗争で 規戒を魅して 就寝を略し 牢固を党した 「スケール」

初む濃厚で 内科を差して 薬箋で画し 予示を稿した 秘む異執で 堰止を僻して 霊験に挺し 注記を律した 祈む壮宏で 細瑕を成して 角栓で扼し 固辞を擁した 忌む悲愁で 変死を役して 定限に隷し 隆起を蟄した 「メェルト」

乳の未詳で 名器を点じて 例言を征し 昭示を律した 格の眼孔で 豪華を濾して 防戦を報じ 判旨を縛した 道の致傷で 帝畿を免じて 省減を隷し 療治を失した 学の菅公で 高価を後して 奉饌を忘じ 挽詩を泊した 「コォーズ」

祈む投下で 智行を任じて 廟祀を持し 造船を牧した 民の解禁で 経時を挺して 面牆を演じ 晏起を抹した 富む濃化で 二業を鎮じて 上梓を尾し 防戦を賊した 神の退勤で 逓次を刑して 縁生を免じ 満忌を圧した 「ベゴニア」

握る寵姫で 天漢を狙って 先制に列し 離郷を歯した 満開の核で 亢進を沐して 奉仕に縒れ 野僧を塡めた 契る尿器で 年鑑を衒って 錬成に接し 指教を利した 寛解の幕で 妄信を剋して 夭死に惚れ 破窓を辞めた 「ヴェイン」

櫃の未見で 昧死を掃いて 難航を攫い 新加を睨んだ 檻の糖化で 廷争を役して 堅紙を隷し 楼船を稿した 蜜の丕顕で 廃止を蒔いて 参候を倣い 認可を白んだ 鳥の押下で 営巣を敵して 恋矢を刑し 勾践を弄した 「タァィト」

膣の理想で 牢記に党して 凝る放心で 飛鼠を期した 膜の安康で 英姿を巡って 競る粘菌で 南下に咲いた 律の馳走で 投棄に老して 彫る交信で 機素を比した 悪の満稿で 名詞を抉って 練る千金で 酸化に泣いた 「キィンク」

毬の安化で 円周に命じて 練る片思で 拝顔を生した 律の振起で 躁狂を勒して 混む刀俎で 朝餐に吃した 蟻の瞞過で 免囚に映じて 減る念死で 内含を破した 質の悋気で 陋狭を則して 富む酵素で 強酸に蟄した 「アンドゥ」

初む茂生で 綿球を詮じて 霊示に敬し 後件を弄した 秘む位階で 愛章を早めて 軟貨に垂れ 忠信を握った 揉む組成で 川芎を免じて 計時に隷し 陋見を貢した 忌む卑懐で 拝承を殺めて 丹霞に慣れ 入神を契った 「ヘェヴィ」

晴る愛視で 胃腺を品して 未成を歯し 鑽孔に回った 煙る年少で 脳回に凝って 蝋管を党し 帝紀を令した 荒る廃弛で 飛泉を印して 至正を魅し 漫行に触った 睡る健勝で 江海に乗って 陶棺を労し 礼器を訂した 「ジャスト」

街の破水で 変更に面して 戦機を念じ 南進に覚めた 置く投資で 沈鐘を逸して 教戒に猟し 蝋管を高じた 蜂の魔酔で 綿亘に偏して 年紀を選じ 三振に舐めた 溶く横死で 陰証を蟄して 了解に供し 光冠を老じた 「パペット」

光の遺矢で 暗号を早めて 回る参会で 視線を魅した 例言の欠で 口気を論じて 富む能相で 粘性を衒った 錨の罷市で 飯盒を殺めて 触る満開で 味煎を歯した 軽減の列で 老騏を混じて 祈む痘瘡で 塡星を狙った 「ミィーン」

襟懐の犬で 横貫に高じて 牢記で督し 寵妾を諒した 成る砕鉱で 専恣を佞して 平心に面し 蔓生で判じた 淫戒の絹で 後勘に応じて 投棄で録し 糧餉を潮した 去る内向で 念死を征して 迷津に偏し 半醒で満じた 「クラッタ」

猫の展示で 地象を握って 表敬を利し 令辰を聘した 闇の花冠で 降下を浴して 走行を模し 慢性を逆った 梃の念持で 二障を契って 量刑を秘し 平心を隷した 神の薬缶で 蛹化を剋して 猛攻を蘇し 三正を罷った 「スカァム」

千僧の益で 陰茎を歯して 未完を期し 決死を面した 梨の排擠で 包涵を飲めて 東帰を浴し 野葬を託した 淵叢の責で 深閨を慰して 機感を魅し 滅私を験した 橋の内省で 納棺を褒めて 揚棄を督し 多層を扼した 「リィープ」

折る報讐で 騙詐を役して 敬神を礼し 牢守を貢した 並む砕鉱で 深化を睨んで 膣の味官で 枚挙を足した 彫る応酬で 怨嗟を僻して 励振を刑し 叩首を老した 醒む内向で 認可を白んで 蜜の痴漢で 退去を摩した 「エスエヌ」

鳴く才藻で 雪肌を念じて 停船を偏し 藩祖を託した 弥山の息で 音価を沐して 老荘を貢し 急駛を療じた 咲く内層で 熱気を選じて 閉栓を典し 炭疽を泊した 胃腺の幹で 紋菓を臆して 咬創を弄し 留止を興じた 「ブロォク」

年末年始の為。

暫く作詩を休ませて頂きます。 再開は更新を以ってお知らせ致します。 ドウゾ、宜しくお願い致します。 其れではミナサマ、好い年越しを。

食む愛好で 意企を秘して 握る忠信で 嘆辞を成した 妄想の外で 正矢を面して 頸筋を列し 浪華を貢した 浴む廃興で 避忌を慰して 契る入神で 難字を足した 葬送の許で 名詞を餞して 霊菌を結し 紅霞を弄した 「クロスド」

掻く愛顧で 応急を刻して 幼時で督し 他券で妬いた 似た飛信で 片思に佞して 製造を例し 流期を歯した 飽く懐古で 恒久を臆して 冬至で浴し 野犬で焚いた 干た二親で 念死に聘して 冷蔵を征し 周忌を利した 「ヴリンク」

沁む品詞で 法剣を唆って 富む濃化で 尼港を契った 妄想の檻で 鉛華を免じて 礼銭を敬し 行使を弄した 秘む心志で 双肩を細って 祈む投下で 地溝を握った 押送の森で 綿花を演じて 頸腺を隷し 老死を貢した 「シィンク」

訛る愛好で 怨声を念じて 閉管を銘し 昧死を発した 篭る投機で 弔鐘を禁じて 鱗茎を証し 宋銭を録した 余る内向で 粘性を演じて 明鑑を聘し 廃弛を抹した 燈る後喜で 胸章を鎮じて 真景を諒し 漏箭を則した 「トゥリム」

初む暢気で 二号を進じて 隆盛を寵し 籠山を党した 巡る詠懐で 愛嬢を慢じて 開始を配し 片言を慶した 祈む尊貴で 詩豪を任じて 中正を猟し 逃竄を弄した 抉る明解で 舞城を按じて 廃止を介し 権原を聘した 「ファジー」

鶏姦の列で 粒子を期して 鋳た非想で 変型を役した 残る壮気で 再造を倣って 辿る野性で 葉圏を党した 戻換の決で 旧址を利して 干た位相で 遠計を僻した 底る能記で 内蔵を浚って 宿る他姓で 刀剣を夭した 「ワィーク」

理想の質で 雪花を礼して 経た延伸で 倚子を秘した 野師の格で 咬筋を寄して 富む濃化で 内攻を足した 志操の律で 烈火を制して 得た返進で 斐紙を慰した 仮歯の役で 洋琴を超して 祈む投下で 退行を成した 「チャーム」

量る採草で 心思を必して 尿酸で禁じ 後喜に乗った 漏る横行で 英姿を免じて 転監に列し 牢記で督した 逆る背走で 品詞を失して 夾算で任じ 納期に凝った 折る猛攻で 名刺を演じて 斂棺に徹し 投棄で録した 「トーチャ」

練る穿刺で 脂膏を睨んで 秘記を利し 醴泉を聘した 荒る大志で 騰走を推して 興起を擁し 野犬を擤んだ 競る念死で 尼公を白んで 理気を比し 兵船を隷した 垂る哀思で 押送を吐して 揚棄を貢し 家眷を病んだ 「ルーイン」