ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


妬く左契で 相乗を浴して 婚資で目し 万金に感じた 得た偏信で 筆記に淫して 珍肴で律し 連辞を徹した 咲く野鶏で 養生を即して 門歯で哭し 杆菌に満じた 経た延伸で 逸機に瀕して 燐鉱で蟄し 天時を列した 「遊ぶ貫禄」

薬研の格で 交誼を読んで 相乗に聾し 乱射で産した 得た騙詐で 披針に印して 注加で任じ 年功を転じた 家厳の役で 容疑を込んで 籠城に奏し 参社で濫した 経た怨嗟で 遺臣に瀕して 乳化で鎮じ 天行を念じた 「根暗な鶏」

光る資源で 精子に偏して 演習を列し 悋気を医した 混む陶化で 怠業に渇して 大慈に駕し 五塵で度した 叱る飛言で 兵士に撰して 練修を閲し 印記を利した 富む降下で 改行に達して 外字に堕し 土人で後した 「巡る連結」

秘む緯線で 永世を経ても 霊交で結し 旧誼を利した 咲く内外は 脳漿で揃って 要旨を党し 他券で宿った 忌む飛泉で 平成を得ても 径行で列し 流儀を期した 鳴く際涯は 双晶で呪って 闘志を夭し 野犬で辿った 「逆の摂理」

模造の檻で 晏起を蒔いた 富む洋剣で 薬師を託して 機械の下で 井泉を験した 経た念持で 人給を嚔ても 悪憎の杜で 満期を飽いた 読む闘犬で 拓士を訳して 死灰の北で 経線を撰した 寝た返辞で 殯宮を煮ても 「肯く既製」

律の深謝で 先行を隷せば 天機を念じ 乳酸で契った 核の野獣は 幼芽を超して 王冠に報じ 発市を洗った 質の臨写で 連亘を制せば 年季を転じ 昼餐で握った 厄の果汁は 姮娥を止して 砲艦に応じ 圧死を払った 「潜る共鳴」

内訟の紙は 鋼塊に乗って 宝剣で止し 夜叉を食んだ 専制の益は 陰線を歯して 燎火で貼し 転校に隷した 解消の波は 脳回に凝って 鷹犬で歩し 覇者を病んだ 厭世の責は 新船を慰して 弔歌で領し 連亘に挺した 「宿る心胆」

孕む確守は 行進で報じて 孟夏を臆し 哀愁を抹した 知る寵幸は 転機を煎じて 猟犬で状し 前翅を列した 絡む博取は 放心で高じて 横禍を沐し 毎週を圧した 散る小劫は 先規を点じて 上繭で諒し 恋矢を絶した 「時の濁流」

善戦を摂し 勝機を乗じて 着る恥垢で 天資を敬した 行火を罰し 暮秋を応じて 誇る納采で 内患を破した 専擅を絶し 常軌を請じて 散る気候で 犬歯を訂した 挽歌を圧し 汚醜を忘じて 遺る報祭で 肺肝を成した 「畳む生活」

剽軽な肝は 堅持で偏して 連想を挺し 朝起を略した 濃化の澱は 愛好を倣って 再思を抹し 妄信で染めた 恭謹な紐は 返辞で検して 塡装を隷し 猟奇を着した 押下の糊は 内向を洗って 昧死を察し 喪心で揉めた 「霧中の羊」

苗字の乳で 貞操を銘して 計器を列し 離散で興じた 拝顔の垢で 恩恵に報じて 予稿を則し 搾取を遣った 弔事の道で 迷想を呈して 霊気を結し 起算で領じた 哀願の墓で 本刑に応じて 素行を浴し 扼守を去った 「渉る脳髄」

反抗の釜で 興起を歩せば 御産で浴し 薬種を握した 勝事の塵で 天壌を制して 溟海で令し 林冠を魅した 敢行の浜で 抛棄を濾せば 余算で臆し 悪酒を訳した 弔辞の尻で 戦場を挺して 霊界で瞑し 民間を利した 「腐る暗香」

拝啓の蛸は 東京を干して 濃化を興し 愛玩で訛った 帰心の水は 名師を献じて 隷従に接し 肖似を利した 大計の匣は 封境を吐して 押下を残し 内含で余った 未進の傷は 刑屍を免じて 棲住に列し 療治を死した 「絡む立処」

染む淫気は 叡算を煎じて 名辞で列し 立項で魅した 罹る拝贈は 奉仕で嵩じて 投函で伸び 内界を足した 忌む心悸は 聖餐を怨じて 零時で滅し 密航で利した 量る晦蔵は 行使で報じて 納棺で飛び 大海を成した 「貫く虫酸」

猛襲の檻で 安化を蒔いて 混む脳幹は 内規で感じた 知る注思で 転針を征して 麗辞の兵は 肥厚で猟した 応酬の森で 瞞過を飽いて 祈む巷間は 回忌で難じた 散る愁死で 染浸を呈して 平時の霊は 履行で評した 「キアズマ」

着た民社で 迷津を決して 励精に挺し 重修で諒した 哀求の恥で 本系に応じて 相関で呪い 軟化を浚った 看た禽舎で 傾心を滅して 訂正に隷し 領収で諜した 拝泣の味で 恩恵に報じて 納棺で揃い 参加を倣った 「雑踏の喉」

僕の独擅で 弾性を罰して 探究を配し 芳紀に投じた 耳の金城は 桂枝を銘して 青漢に列し 隣家を生じた 髑の卜占で 伴星を脱して 反求を帯し 冬季に報じた 君の民情は 名刺を刑して 戻換に接し 真価を療じた 「猛る原理」

理想の質で 誓紙を例せば 玄関を便じ 美姫を艤した 魔酔の核で 亢進を模して 陶化に応じ 愛好を託した 師僧の律で 霊祠を征せば 冕冠を減じ 義気を尾した 仮睡の幕で 妄信を濾して 押下に投じ 退行を握した 「潜む雑巾」

皿の発効で 抛棄を蘇して 織る予洗で 扼守を浴んだ 沈思の錐で 研修を典せば 綿花で令し 臨監を魅した 肚の錯交で 想起を歩して 寄る汚染で 握取を病んだ 禁止の塵で 転宗を験せば 恋歌で瞑し 民間を利した 「踊る悪童」

殻の愛車で 横行を濾せば 動機を督し 多産は堕した 練る洗顔で 秋果は睨んで 費消を猟し 霊性を聘した 粗の会社で 抗衡を捺せば 投企を毒し 打算は足した 競る念願で 乳菓は白んで 離床を評し 兵制を隷した 「カクテル」

盟の兼行で 金気を魅して 治権で猟し 連辞に挺した 白紙の坂で 訴求を歩して 夜着で追い 圧巻に妬いた 刑の綿亘で 眠期を規して 利剣で諜し 点字に隷した 錯視の墓で 捕球を蘇して 雄木で酔い 約款に飽いた 「極む配合」

民主の乳で 貞操を免じて 正義に隷し 輪姦で証した 愛郷の鳩で 奉仕に応じて 己心で浴し 夜景を噛んだ 珍種の道で 迷想を転じて 礼儀に省し 震撼で諒した 背教の址で 横死に報じて 余震で刻し 火刑を病んだ 「アローン」

双眼に酔い 扼守で覚めて 浴む拝贈は 法喜に応じた 煮た騎士は 勁悍を念じて 滴下に隷し 利生を貼した 溶岩に添い 搾取で辞めて 食む愛蔵は 嘔気に報じた 着た辛螺は 佞姦を献じて 轢過に挺し 致傷を了した 「掴む調弦」

法剣の空で 再起を発して 仮象を摩し 目次を剋した 契る認可で 念願を衒って 連鎖に謁し 彙集で律した 双肩の洞で 排気を察して 魔障を科し 告辞を沐した 握る沈下で 点眼を狙って 怨嗟に列し 履修で逸した 「摘む途上」

未生の息は 煙火を巡って 醴泉を聘し 表紙を律した 姦計の匙は 祖神を混じて 溶射を党し 多層を辞めた 意匠の幹は 綿花を抉って 兵船を例し 量子を必した 惨刑の舵は 故親を損じて 投写を擁し 野葬を貯めた 「孤立の和」

苗字の膣は 汀線を銘して 恋歌に謁し 淫行を利した 回送の肺は 奉祀で転んで 与件を則し 錯誤を遣った 弔事の蜜は 名川を呈して 煙霞に列し 隣交を慰した 敗走の貝は 考思で滅んで 訴権を浴し 訳語を去った 「務む足元」

放心の輿は 塊茎に孕んで 網の難症で 能事を興した 勝訴の塵は 逓送で詮じて 芸の轢過で 林泉を行じた 交信の星は 背景に絡んで 波の暗証で 往時を残した 徴租の尻は 盛粧で典じて 霊の劇化で 吟箋を領じた 「空洞の順」

拝啓の額は 業障を歩して 後喜を蘇し 砕心で感じた 時間を魅し 綿糸で贅して 励行の弊は 標示を利した 概計の箔は 法性を護して 総記を濾し 戒慎で散じた 未完を持し 全紙で瞑して 閉校の例は 療治を秘した 「競る酸欠」

愛子の株は 効験に応じて 富む濃化で 内証を足した 干る密教は 銘菓に偏して 列線の性で 留止を賞した 開士の虻は 王権に高じて 祈む投下で 対象を成した 看る畢竟は 閉果に面して 拙戦の例で 愁死を領した 「プレイン」

予感の骨は 拍車で訳して 回送を増し 孟夏は籠めた 展翅の疫は 異郷を賃して 両虎で賞し 専占は列した 補完の娼は 役者で泊して 埋葬を科し 紅霞は揉めた 煙死の敵は 地境を印して 証拠で了し 連戦は節した 「泳ぐ悪徳」