異星人を煮た 難解な哀詩に 穏和の年月は 脳で永続する 末路の広告は 苦しい無実で 未定な描絵を 研磨が廻った 肉細工を射た 悪辣な仲間に 音色の恩恵は 駅で悩乱する 講話の慢心は 空しい勲位で 過密な味方を 明視が削った 「臓腑の正気」

渋き陳腐は 唐突に去る 睡魔の露が 精製されて 迷信の炎を 反駁する森 不正な虫は 埋葬し光る 近き神秘は 惨悽に盗る 通理の砂が 摘発されて 法則の妾を 黙認する浜 無欠な淵は 擯斥し護る 「万物の私情」

砂漠は拘置し 枷を創建する 神聖な啓発に 訓話が退って 叡智の嘆息で 強く愛惜して 温暖な哲理は 隠逸を契った 湖畔は再起し 空を改革する 勁烈な新鋭に 隙間が腐って 大器の永遠で 甘く追考して 適確な音詩は 鎮静を祈った 「マクトゥーブ」

創造の芽は 慧い夢精で 耄碌な詩を 邁進し迫る 天恵が生り 認知する種 辛い熱論は 沼の等差で 迷訳の祖は 惨い嗟嘆で 深奥な喪を 洗礼し祀る 難問が照り 大破する庭 睡い追懐は 歳の縫目で 「錬金の心音」

風見鶏は照り 強く訓導した 綺麗な体温に 鎮圧が嶮しく 難解な甘さは 胃液まで煮て 捏造の絵具を 嘔吐する野花 鉄格子は刈り 黒く追罰した 多感な金星に 喧騒が近しく 安穏な永さは 認知まで凍て 詠物の粘土を 濃化する乙女 「弱き共犯」

窓が凍結し 正しく毟る 脆い追認に 低落しては 産卵する泡 偉大な喪失 舌を応諾し 択んだ水滴 棘が蔓延し 空しく辿る 辛い黙殺に 命名しては 哀別する皿 粗悪な韻文 鬼を新生し 雪いだ英雄 「忌む筋道」

烈しき舞姫に 未来が秘蔵し 布告の無菌を 明知で変じた 遠地の公理は 苦悩に育成し 迂回する岸で 邂逅を追った 眩しき花色に 碑文が魅惑し 夢想の不貞を 閉止で免じた 行使の煙霧は 威嚇に薫染し 棄権する裡で 恩恵を刈った 「孤独心中」

翅は紅葉し 暗く復した 放逸の神を 際に罷免し 富が挨拶し 怨言の貞操 種は旺盛で 因子を積る 琴は配線し 深く狂った 感性の星を 昼に寄贈し 肢が統制し 転倒の永存 音は卓抜で 津波を祈る 「アート」

毛糸は試算し 淋しく曇った 陽炎の数値を 咳で校閲して 俄かに音律は 栄光を内示し 脳裡の哀願で 陰性が睡った 森羅は懸想し 苦しく悟った 水煙の乖離を 腰で精製して 愚かに肉塊は 難燃を演技し 安置の能動で 年月が至った 「偏心の帰結」

無欠な飴は 怨恨で実り 明知の尾を 育成してる 不偏の殻が 空説しても 細い均整で 厚遇を省く 安易な鞭は 密謀で抉り 重荷の芽を 黙殺してる 仮想の冬が 変改しても 聖い包摂で 敗戦を好む 「落花回廊」

深雪の栄華は 淡く盛装して 素敵な淫戒を 恩怨で攫った 等しく退屈な 蓄膿症の葉は 舟の追伸さえ 吐息を奉じた 英断の審美は 狭く暗躍して 偉大な水滴を 裁決で犯した 正しく貧困な 半影蝕の血は 罪の紛失さえ 本意を投じた 「自然永別」

初産の端で 放置した雨 甚く憤慨し 永劫を経る 深奥な庭は 懐く性善で 幸の縫目を 念慮してる 背景の裡で 暗視した骨 古く隠顕し 変節を得る 肉厚な霜は 荒む難題で 主の才気を 先取してる 「天啓の尾」

失言した鳳は 永劫に再生し 凄絶な因子を 暗躍し雪いだ 稚拙な火焔に 刑戮が燈れど 正しい口吸は 荒野の追行ぞ 臆想した屍は 細心に閲読し 陰性な征路を 推察し遊んだ 苛酷な智能に 統制が煙れど 苦しい体熱は 月日の勾引ぞ 「不在の温覚」

可愛い花は 貧血なので 綺麗に深く 抱合を配る 穴が逃亡し 高く唄えば 餌を追視し 転生するぞ 歯痒い神は 混紡なので 不安に聖く 空説を屠る 富が挨拶し 薄く託せば 月を液化し 温存するぞ 「ファイン」

砂金の言葉は 苦悩に衰滅し 真摯な規約で 開扉を迫った 鳥蔭が哀憐し 愛しく辿れば 近くの嗚咽は 嘘を通奏する 琥珀の逆児は 酔夢に薫染し 禁忌な詩想で 摂理を翔った 雨粒が盗作し 正しく祈れば 多くの智見は 罪を裏書する 「漆黒の華」

盾の王様は 絵に沈濁し 強い歌屑を 遺風で摂る 満足な剣は 苦悩の峰に 眩暈を築き 開智してる 檻の旅人は 血に永存し 薄い月影を 吐息で射る 健全な幕は 未来の雲に 季節を恵み 黙示してる 「逆さの善」

星空を積分し 淋しく食んだ 秘密の心理が 衰退するまで 鎮魂歌が軽き 奇蹟の短翅に 月日は君臨し 構造を説いた 精液を翻訳し 烈しく咲いた 至幸の火花が 復元するまで 角砂糖が近き 胎仔の禁忌に 口輪は痛哭し 統率を混んだ 「再誕の苦境」

風邪気味。

風邪を引いたみたいなので、今日の作詩はお休みします。 体調治り次第再開致しますので、宜しくお願い致します。

鉄の肺臓は 深き嘆息で 遅鈍な火を 方正に摂る 綺想曲の舌 淋しい久遠 軽易な生死 推敲を翔る 灰の哲学は 高き紛争で 卑屈な血を 特段に彫る 色視症の胆 苦しい瑣末 正規な権利 解読を退る 「密室の仔」

空風が屠った 烈しい喧騒は 器官の悲鳴を 筆で訓育した 名前が甘くて 色は妊娠する 睡たい負目で 悦楽を昇って 星粒が薫った 嶮しい反駁は 被害の気炎を 釘で奮闘した 愛顧が永くて 庭は隠蔽する 重たい値打で 能動を抉って 「浄福の沼」

季節の親は 鋭敏な言霊 固き哀訴で 陰影を煙る 濃厚な心機 生理の日没 永き再生は 数詞を舐る 悪寒の霧は 狡猾な枝径 甘き懐古で 健忘を祈る 神聖な脳死 認知の精鍛 慧き内臓は 寝息を滑る 「光景中毒」

蜜月を整治し 淋しく毟った 埋葬の神聖も 砂は盲信して 吐精する羊は 烈しい多感に 追憶の不屈を 抱擁で契った 聖戦を密輸し 空しく触った 色彩の万劫も 森は酔筆して 披露する峠は 正しい破滅に 福音の対句を 鎮静で屠った 「難き混沌」

浮気な翅を 深く愛好し 韻律の瞳は 方便で踊る 旅が看視し 季節は強く 近き苦患も 毛色で燈る 繁華な嘘を 淡く紛失し 引算の命は 応報で熱る 鍵が対話し 都合は聖く 暗き稚拙も 闘志で削る 「エスケープ」

砂糖玉は奔る 必滅の心臓を 推算する淵で 平静に選択し 暗夜は完結し 苦悩が移った 偉大な記憶を 交信する音で 花吹雪は捜る 失明の貧賤を 奮闘する裾で 精確に返済し 会話は哀悼し 迂遠が腐った 希薄な異性を 殴殺する腰で 「廻る調教」

運命の粉で 聖く安息し 陰謀は煙る 軽き絵筆に 花は追思し 多彩な必然 法則の血に 燈光が肥る 幸福の膿で 篤く均整し 鍵盤は祈る 薄き海馬に 罪は背理し 皮肉な退行 沈滞の穂に 憤懣が透る 「憂世装置」

散文は完治し 胆に侵攻する 静謐な警笛が 空理を縋って 保育した虎は 諦観で偏差し 悲劇の沈没に 炭酸水を孕む 間奏は砕破し 舌に近接する 敬虔な精彩が 睡魔を配って 投棄した星は 変則で提喩し 知性の貧困に 排煙口を叩く 「因業の蔭」

初恋の垢と 永別したら 疎き紛争を 必然で否む 詩想の声は 胆を酔歩し 淋しい冠に 空位が迫る 暗鬱の翅と 並存したら 古き運星を 引導で拓く 琥珀の霜は 砂を禁固し 哀しい盃に 生死が腐る 「モルモット」

難詰した壁で 光学は悩乱し 認知の金石を 気配が舐った 不穏な夢想を 脆く包摂して 悲哀の舞姫に 魅惑が奔った 解読した凪で 脳室は混合し 近視の任命を 年季が削った 無謀な符験を 細く目測して 魔笛の人魂に 破滅が実った 「サバト」

甘い伏線で 秘密の泉が 裡を繁忙し 法式は踊る 詩の虎穴は 敬虔な住処 淋しい杭が 回想を迫る 深い暗数で 息吹の光が 灰を運算し 音律は熱る 個の死生は 枢要な権利 苦しい幸が 聖典を齧る 「渇く眷属」

砕片の暴怒で 悲愴を総督し 辛辣な変性に 布石が迫った 高潔な迷離は 盲信で完整し 喧騒の御業が 魔物を括った 砲撃の懺悔で 相違を筆舌し 平温な深層に 聖句が肥った 明確な行使は 解析で問答し 眠剤の敬慕が 首輪を護った 「マーダー」