ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


妄覚の琴で 回視を護れば 他薦の様で 装花を停めた 豊肌を捺し 愛好を発せど 断種の剤は 増刷に毒した 口角の許で 昧死を鴨れば 左遷の弾で 等価を染めた 嘔気を歩し 廃校を圧せど 斬首の題は 洞察に属した 「ロヴ」

獏の半生は 芳辰を忘じて 冬芽に動じ 大凶を託した 下乗の席で 神我を吟じて 字間を供し 権威を絶した 箔の万世は 亡心を焙じて 童画に投じ 胎教を諾した 施錠の劇で 銀河を信じて 機関を状し 善意を結した 「高級の瞼」

遠き王冠は 哀歌を託して 慢渉を欠き 混在を模した 想起の洞は 薄倖を浚って 眼疾を題し 同仁で伍した 多き盗汗は 大火を握して 感衝を蒔き 問罪を濾した 宝器の空は 作興を祓って 暖室を害し 拷訊で度した 「覆る血肉」

頌歌を状し 前項を征して 往信の鳥は 太始を握した 乃至の旗で 宝鑑は残って 顕賞の黥で 銀貨を期した 情火を抄し 千行は贅して 蕩心の檻は 哀詩を託した 稗史の鉈で 納竿を誇って 現象の刑で 槿花を艤した 「フォール」

君の未進は 明記を刑して 散光を圧し 横禍を沿った 変化を敵し 致傷を表して 毒の紡機は 万感を諾した 耳の帰心は 継起を銘して 暗香を撒し 挿架を追った 添加を僻し 卑称を寵して 僕の動悸は 断簡を縛した 「名残の基」

悪趣の鳩は 奉饌を捺して 存置に剋し 緘口を刺した 土壌を勒し 乱視は脱化し 探検の学で 拷器を吐した 拍手の痕は 鏖戦を歩して 根治に即し 鑽孔を科した 路上を毒し 弾子は落果し 眼瞼の宅で 投棄を護した 「暴君の掟」

高校を弄し 来観し姦せど 肝識の翅は 奉祀を吐した 因子の縞は 戦旗を演じて 前線の芸を 自傷し擬した 労功を寇し 回環し濫せど 範式の種は 透視を歩した 新紙の今は 怨鬼を煎じて 言栓の税を 偽証し辞した 「適応の窓」

吉凶の水は 名詞を敬して 配信に濫し 廊下を報じた 装花を臆し 哀歓で策せば 梃の念死で 人情を陳じた 密教の傷は 経伺を銘して 来診に叛し 蜂窩を老じた 横禍を則し 彩管で握せば 猫の天資で 枕上を任じた 「欝の風骨」

千思の駅は 依拠で資して 卵核を攪し 睾丸を聾した 合歓の脳は 内郭を賀して 聴許を状し 前史に挺した 遠視の咳は 死去で慰して 看客を落し 老顔を寇した 納棺の業は 外殻を済して 常居を弔し 天使に贅した 「ミニマム」

番外を諾し 瞳孔を牧せば 等価の洞は 叛心を帯した 詩巻の肝は 懸許を征して 芸の前哨で 定席を擬した 断崖を縛し 膀胱を毒せば 放課の虎は 短針を廃した 機関の霜は 占居を刑して 贅の現象で 行跡を辞した 「ナイフ」

面争を詠じ 異心で実れど 紅霞の獄は 含意を課した 題句の剤で 俗化に毒され 痴漢で賞し 専行を訂した 演奏を銘じ 未進で祈れど 業火の酷は 感移を駕した 罪垢の代で 読過に属され 屍姦で弔し 覘考を征した 「修羅の膿」

開室の箔で 宝石は転んで 異教の信で 生理を演じた 拳固の巾で 美相は艤して 模型の友は 怠忽を蒔いた 廃疾の核で 口跡は滅んで 思郷の韻で 栄利を栓じた 便壺の檄で 儀装は尾して 時計の桃は 埋骨を綰いた 「ビトレイ」

俗耳に則し 採鉱し坐せど 同前の徳は 単己に堕した 迷子の旗は 宝鑑に漏れて 鴻爪を臆し 哀史を飼った 即自に賊し 在校し刺せど 洞然の毒は 断固を足した 廃語の亦は 盲管に惚れて 往相を剋し 解屍に逢った 「リマイン」

星の向学は 乖離を量って 傍観の業で 眼下を罰した 乙の宗源は 歳時を洗えど 等候の毒で 段差に対した 腰の方角は 背理に罹って 強姦の茫で 万花を合した 卒の横言は 哀辞を浚えど 同行の徳で 嘆嗟を題した 「シェイム」

専政の駅で 允可を資せば 妊娠を着て 権衡は睡った 帆檣の種は 桃源を干して 売価を脱し 動径を忘じた 厭世の咳で 神化を医せば 謹慎を煮て 年功は煙った 短章の翅は 方言を賭して 題下を罰し 傍系を同じた 「悪き映画」

単騎の釜で 交合は透れど 悪心の欲で 扼守を炙った 挿画の洞は 発汗を浚って 万世の座を 造次で牧した 喚起の弾で 等号は氷れど 余震の奥で 握取を破った 奉加の空は 錯簡を祓って 残生の場を 亡児で賊した 「鹹き収束」

同慶を剋し 回鯉に諾せど 魔性の幸で 操觚は黙した 蟠結の剤は 造化を縫合し 等差の奥で 愛視を託した 後景を毒し 大理を画せど 左証の街で 猛虎は則した 残欠の灰は 包裹に贈号し 応作の徳で 太始を握した 「フレイル」

暫時の才を 総算し蔵して 偏気を便し 備考を秘した 未刊の息は 燕居し巡って 余照を貢し 核子を扼した 讃辞の財を 増産し相して 抃喜を貶し 非行を尾した 如何の幹は 免許し抉って 古鐘を擁し 訳詩を攪した 「綴る迷路」

刻下を目し 昧死で通えど 野性の蟻は 殴傷を浴した 微言の鈔で 測器を牧して 弊履を出て 醍醐を廃した 黙過を剋し 海市で迷えど 阿世の槍は 永生を臆した 始原の廟で 勃起を則して 泥裡を経て 背後を題した 「息の勝敗」

期成の韻は 英資を献じて 徳の読破で 断機を託した 善の選果で 心耳を持して 盲者の堀で 敗走を慢じた 遺制の菌は 刑屍を演じて 毒の特派で 単騎を諾した 栓の前科で 塵事を資して 放捨の森で 埋葬を判じた 「粗末な境」

揚棄を督し 託生で宿れば 安閑の幕で 目次は踊った 開栓の恥は 抱囲で鼓して 相思で論じ 乱交で讃した 騰貴を浴し 薬傷で辿れば 満干の悪で 憶持は戻った 敗戦の舵は 更衣で干して 老視で損じ 鑽孔で濫した 「径の辻褄」

幕の眼光で 極製を模して 再三を坐し 臓器を則した 乃至の網は 往還に残って 鐘の背理で 蓬窓を濾した 学の満稿で 木星を護して 財産を刺し 装軌を賊した 哀詩の波は 納棺に興って 翅の乖離で 後奏を歩した 「軋る迂遠」

天啓の劇は 凝固を鎮じて 童心を刻し 関鎖を諾した 正気に利し 連想で征して 博取の垢は 応現を干した 原型の敵は 凋枯を吟じて 降神を毒し 段差を画した 猟奇に歯し 戦争で礼して 握手の墓は 放言を捺した 「スタンス」

尚早の壜で 袂裏を栓じて 亀の哀史に 枉曲で剋した 礼節の税は 情歌を利して 洞の投棄で 達観を配した 病巣の芯で 生理を便じて 雨の解屍に 好局で臆した 贅説の霊は 燎火を辞して 虎の法規で 発汗を帯した 「ブレンド」

肉の尽言で 前翅に熱狂し 讃歌の殻で 好辞を則した 兵の厳行は 義眼を秘して 妄覚の檻で 愛視を蒔いた 軸の任限で 撚糸に絶叫し 寒花の皿で 壮時を剋した 芸の偏向は 彼岸を擬して 凹角の森で 昧死を飽いた 「危き細胞」

練思の熱で 尿器を輪姦し 臆想の許で 瞞過を開けた 多型の糧で 黄巻を督して 評説を絞め 正字を変じた 年歯の列で 猟期を任官し 目送の音で 安化を負けた 花茎の盾で 盗汗を刻して 承接を秘め 平時を煎じた 「ホスピス」

諸事情。

諸事情の為、今日の作詩はお休みさせて頂きます。楽しみにして頂いた方申し訳ありません。 明日からはまた通常通り書きますので、ドウゾ宜しくお願いします。

腸胃の情は 善果を徹して 核質の顎で 往信を刻した 装花の鉾で 半醒を浚って 厳行の面で 味覚を艤した 上位の蝶は 天下を絶して 悪疾の籠で 降心を臆した 放課の底で 産生を祓って 綿亘の弦で 擬革を魅した 「アンサー」

天資を征し 失速を潮せば 肺肝の垢で 嘔気を誇った 元素を便じ 美行に擬して 摩擦の垣で 校歌を目した 戦史を挺し 窒息を賞せば 哀歓の墓で 宝器は興った 弁疏を減じ 技巧を尾して 苛察の薪で 猛火を刻した 「マザー」

孟夏の外で 散失は負けど 肉の陣地は 善行に佞した 学窓の肺は 捕食を護して 縁の経血で 謹賀を育した 挿花の許で 満室は裂けど 軸の認知は 年功に贅した 薄葬の害は 誤植を歩して 剣の永訣で 印画を掬した 「歯車の脈」