ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


窓の勧降は

好意を模して

同説の獄で

含糊を題した

 

肺肝の垢で

横恣を干して

糖の捜索は

再帰を足した

 

角の満稿は

猛威を鼓して

合接の毒で

断固を害した

 

哀歓の墓で

褒詞を捺して

躁の盗作は

大気を刺した

 

 

「無菌の盲」

汗の完治は

孤食を捺して

空の燈火は

体現を裁した

 

褒辞の糊で

内向を吐いて

躍起の幕で

妄説を浴した

 

枷の安置は

汚職を濾して

虎の葬歌は

際限を帯した

 

能事の堀で

廃興を泣いて

末期の役で

夭折を黙した

 

 

「ダンサー」

断章を罰し

防止に動じて

名花を征し

深在を魅した

 

沈荷を評し

変型を敵して

陽光の恋に

客思を病んだ

 

万象を脱し

同視を忘じて

正課を銘し

眠剤に死した

 

品価を弔し

天啓を僻して

高校の宵に

訳詩を噛んだ

 

 

「プシュケ」

煉瓦の生で

頌歌を律して

詭策を医し

遠境を献じた

 

痴想を評し

変化を典して

全角の芸で

銀河に乗じた

 

線画の令で

燎火を失して

遺作を期し

牽強を演じた

 

悲愴を弔し

添加に偏して

幻覚の税で

人我を行じた

 

 

「リード」

寛典の鍋で

能事は混めど

桃の謄録で

対応を満じた

 

安息の肚で

奉仕を推して

相姦を論じ

落花を産した

 

難点の壁で

好辞を呑めど

友の耄碌で

邁往を嘆じた

 

犯則の粗で

横死を保して

楼観を損じ

作家は濫した

 

 

「浄き坩堝」

憫笑を擬し

玄機を弁じて

幕は愛視し

押伍を戻した

 

造花を号し

眼光を坐して

権利の線は

至精を禁じた

 

吟嘯を尾し

便器を減じて

悪は昧死し

妄語を脅した

 

業果を蔵し

残更を駕して

千里の剣は

季世を信じた

 

 

「トキシン」

疫の締結で

痴言を印して

土星の獄で

外傷を脱した

 

姫の刺衝は

生息を変じて

回鯉の鉈で

脳幹は混んだ

 

敵の永訣で

威厳を賃して

悟性の毒で

代償は合した

 

〆の費消は

閉塞を煎じて

泥梨の肩で

後患を呑んだ

 

 

バロック