ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


役の波高で

放過を要じて

樋の王権で

哀毀を帯した

 

令の渓相で

狭斜を療じて

尺の味煎で

名刺を省した

 

箔の治工で

熔化を報じて

笈の闘拳で

堆起を愛した

 

計の霊草で

寮舎を興じて

脈の紙箋で

勢至を瞑した

 

 

「グロォス」

悪相の闇で

幼歯を捺して

当籤の空で

三斜を体した

 

令の結講で

汽機を諒して

百の未見で

名歌を偏した

 

役送の網で

奥旨を止して

操船の虎で

炭車を賽した

 

計の裂孔で

理気を饗して

脈の丕顕で

兵禍を面した

 

 

「スラピィ」

唆る応戦で

暗車を散じて

薬草の格で

更始を寄した

 

握る稚気で

天行を念じて

併科の令で

利権を評した

 

恐る奏薦で

三斜を按じて

角層の厄で

夭死を越した

 

契る二期で

年功を転じて

霊化の弊で

秘鍵を諒した

 

 

「セェンス」

箚記の役で

溶菌を奏して

笈の棹歌で

淡交を愛した

 

百の御荘で

鳴謝を偏して

励振の罫で

近思を律した

 

薬気の策で

鎗金を擁して

樋の横禍で

暗刻を帯した

 

脈の非想で

蔽遮を面して

敬神の霊で

臨死を喫した

 

 

アプラィ」