ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


探る内心で

入市を白んで

威光に瀕し

繁華で洗った

 

燈る硬化で

結晶に挺して

齢歯を滅し

盲官で勒した

 

殴る再伸で

修史を睨んで

非行に印し

安価で掃った

 

篭る投下で

徹宵に刑して

名詞を列し

蝋管で黙した

 

 

「アオード」