ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


漏る藤氏で

転向に銘して

決壊に列し

魯迅に抗した

 

生る再造で

詩聖を睨んで

比干を慰し

安価を泊した

 

摂る猛士で

綿亘に挺して

裂開に結し

個人に老した

 

去る内蔵で

二世を白んで

医官を秘し

半可を握した

 

 

「尊ぶ囚徒」