ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


連想の兵で

百事を領して

稚蚕を任じ

年季を挺した

 

唆る恩誼で

圧巻を提げて

野菜を攪し

糊口を擁した

 

変相の例で

略字を評して

二三を鎮じ

転機を佞した

 

怖る存疑で

錯簡を挙げて

禍災を訳し

予行を校した

 

 

「逆る性情」