ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


生る拝進で

宝亀に残って

速攻を沐し

毎次で察した

 

射る稚子で

貞操に怨じて

警戒を隷し

罹患で供した

 

張る内診で

能記に誇って

黙考を則し

細字で抹した

 

散る遺屍で

詠草に典じて

例解を敬し

帰還で領した

 

 

「響く相補」