ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


妬く左契で

相乗を浴して

婚資で目し

万金に感じた

 

得た偏信で

筆記に淫して

珍肴で律し

連辞を徹した

 

咲く野鶏で

養生を即して

門歯で哭し

杆菌に満じた

 

経た延伸で

逸機に瀕して

燐鉱で蟄し

天時を列した

 

 

「遊ぶ貫禄」