ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


評価の膣は

汀線で聘して

似た淫辞で

円教を念じた

 

猛襲の外で

再思を満じて

噛む薬缶で

揚棄は寇した

 

超過の櫃は

兵船で挺して

鋳た人時で

年行を演じた

 

操習の許で

昧死を散じて

病む河漢で

興起は夭した

 

 

「森羅の泉」