ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


混む濃化で

内向は観じて

哀子で達し

徒跣を捺した

 

蜜の秘巻は

蔽遮を免じて

餞送は列し

猟奇に資した

 

祈む降下で

邂逅は難じて

隊士で圧し

汚染を吐した

 

櫃の味官は

鳴謝を変じて

斂葬は節し

悚悸に利した

 

 

「縁の暴慢」