ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


精の全科は

児曹を歯して

柳枝で蟄し

定限を隷した

 

予洗を臆し

悪酒を約せど

塊鉱の旗は

豊肌で転んだ

 

贅の戦禍は

詩宗を持して

中紙で律し

霊験を呈した

 

汚染を浴し

薬種を握せど

背甲の肩は

衡器で滅んだ

 

 

「営む荒馬」