ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


薄志の穴は

恩詔で誇れど

幼児を則し

左券を遣った

 

盟の経線で

矜持を魅して

抵抗に隷し

留止を寵した

 

悪詩の花は

本性で興れど

走時を浴し

野犬を去った

 

刑の名川で

苗字を期して

励行に挺し

忠死を猟した

 

 

「包む連鎖」