ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


満紙を通い

興進で萌えて

空の豊肌で

発向に際した

 

煮た印象で

縁書を念じて

転換に隷し

略字で徴した

 

換歯を迷い

妄信で超えて

洞の掻器で

錯交に配した

 

鋳た認証で

年所を演じて

連関に挺し

着時で了した

 

 

「収束の浪」