ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


頌歌で表し

平産を撰せど

逓次の列で

流向を寵した

 

幕の外挿で

号旗を模せば

洞貫で剋し

感思を脱した

 

氷花で証し

清算を偏せど

例時の鉄で

忠孝を諒した

 

学の埋葬で

猛気を護せば

巷間で毒し

弾子を渇した

 

 

「鎧の烙印」