ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


闘争の桃は

慢気で達せど

与件を冦し

核子で妬けた

 

練思の兵で

飛泉を律せば

振起は医し

永劫を詮じた

 

妄想の友は

耽奇で抹せど

沽券を擁し

訳詩で駆けた

 

片志の霊で

利銭を必せば

印記は死し

正号を演じた

 

 

「タッチ」