ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


還帰の雨で

往航を刻して

蚤の闘志で

貪心を鳴いた

 

詩魂を猟し

恋歌を摂して

盟の返送で

表事を魅した

 

安危の亀で

高校を臆して

富の脳死

難信を焚いた

 

離恨を賞し

戦火を列して

塀の面争で

苗字を秘した

 

 

「白き我欲」