ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


紳士を猟し

聾児を損じて

応機の糖は

遅産を逸した

 

別恨を験し

活気を罰せど

配字の害で

原子は変じた

 

臨死を証し

壮時を論じて

陶器の王は

胃酸を蟄した

 

血痕を便し

伐期を渇せど

外事の灰で

片思は現じた

 

 

「次善の導」