ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


悪趣の鳩は

奉饌を捺して

存置に剋し

緘口を刺した

 

土壌を勒し

乱視は脱化し

探検の学で

拷器を吐した

 

拍手の痕は

鏖戦を歩して

根治に即し

鑽孔を科した

 

路上を毒し

弾子は落果し

眼瞼の宅で

投棄を護した

 

 

「暴君の掟」