ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


俗耳に則し

採鉱し坐せど

同前の徳は

単己に堕した

 

迷子の旗は

宝鑑に漏れて

鴻爪を臆し

哀史を飼った

 

即自に賊し

在校し刺せど

洞然の毒は

断固を足した

 

廃語の亦は

盲管に惚れて

往相を剋し

解屍に逢った

 

 

「リマイン」