ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


逆しまの唄で

放課が敲く

僕の脳漿

玩具の目算

 

視束を犯して

当時を量り

肉も翅も搾る

妄信の画風

 

裏切りの皿で

煙草が孕む

君の憂色

黙示の岩屑

 

汚行を偲んで

褒辞を辿り

闇も種も劣る

学説の喪服

 

 

「タイァド」