ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


静かな表象は

抱囲で総説し

宣告の兵器に

瘢痕を悟った

 

正しき感染で

凶相を沈積し

定位の欠缺は

交尾に隣った

 

密かな粧飾は

想起で奉饌し

変項の誠意に

散骨を図った

 

哀しき鍛接で

調息を禁制し

契機の天譴は

悼辞に篭った

 

 

「終古の比翼」