ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


逞しき廻国で

起死を鳥瞰し

逓送の権威は

交接し燈った

 

親しい隠見に

嘔気が相克し

千里の永日は

哀傷を刳った

 

姦しき大孝で

治理を恐喝し

憩息の転帰

闘戦し梱った

 

賤しい心血に

創意が横行し

偃師の聖人は

彩色を漁った

 

 

「齟齬の渦」