ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


細かな放棄に

必滅の懸想で

感官を排他し

風刺は繰った

 

甘めな短針は

天使を遠隔し

韻律の遅効に

統治が興った

 

仄かな拘置に

欠落の避妊で

犯行を開花し

空理は降った

 

高めな暗数は

厭離を転折し

沈黙の依存に

嘔気が透った

 

 

デストピア