ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


蛆虫は牙で

暗く謀反し

敵役の骨が

落日に祈る

 

聖い酩酊が

詩を燃焼し

甘い孤立は

約束に渉る

 

抜殻は棘で

強く否定し

完善の幕が

星芒に睡る

 

遠い変則が

理を演出し

永い多罪は

若鷹に宿る

 

 

「チェルカリ」