ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


神は家出し

憂世を観る

除者の雨が

死産する舟

 

不滅の恋が

輪姦された

哀訴に嘆き

末路を燈す

 

贄は翻字し

多幸を知る

恍惚の翅が

開花する檻

 

恩顧の夏が

献呈された

胚子に刻み

連鎖を宿す

 

 

「遥か生誕」